FC2ブログ

カテゴリーモード [前世療法 ] 記事一覧

ブライアン・ワイス博士のワークショップに参加して1

アメリカの精神科医ブライアン・L・ワイス博士が1988年に出版して世界的なベストセラーとなった「Many Lives, Many Masters 」(日本語版は‘前世療法’)という本をきっかけに前世療法が広く知られるようになりました。そのワイス博士のワークショップが先日ロンドンで行われ、参加してきました。彼のワークショップに参加するのは初めて。ドキドキ緊張しながら、始まりを待ち、いよいよワイス博士が登場。初めて直に声を聞いたの...
  • 2014.05.21 
  • TB(-) |
  • CO(0) 

早寝早起きは三文の徳

「早起きは三文の徳」ということわざがあります。《「徳」は「得」とも書く》早起きをすると健康にもよく、また、そのほか何かとよいことがあるものであるということ。(kotobankより)時折、前世療法のセッションでは、魂の状態になったあとスピリチュアルガイドに会いに行くことがあります。「どうやったら助けを求められるの~」と、質問したクライアントさんに対し上からこんなアドバイスをもらいました。[*早寝早起きをしな...
  • 2014.04.29 
  • TB(-) |
  • CO(0) 

セッション後、楽しい旅行ができました。その2(前世療法)

前回からの続きです。フランス革命時代に民衆を抑える側として、最後はギロチン台の上で人生を終えたこのかた。このセッション後、このかたは、自分の気持ちが大きく変化していることを実感する出来事に遭遇することになりました。いったいどんなことがあったのか・・・。生まれ育った土地、転勤先、嫁ぎ先、または旅行先などいろんな土地に住んだり、その地を訪れる機会がみなさんにもあると思います。このヨーロッパに転勤してき...
  • 2014.04.26 
  • TB(-) |
  • CO(0) 

セッション後、楽しい旅行ができました。その1(前世療法)

久しぶり前世療法のお話です。この物語の主人公は、50-60代のフランス人男性。王宮らしきところへ向かいながら、気持ちは落ち込んでいる。「だめだった、指示通りできなかった・・・」この男性は、この後に待ち受ける自分の運命をなんとなく感じているようだった。立派なな建物に入っていき、軍のトップのような上司の前にひざまずきながら、うまくことが進まなかったことを報告している・・・。その報告を聞いて怒る長・・・。・...
  • 2014.04.25 
  • TB(-) |
  • CO(0) 

ただ愛するだけ

この世に生まれて学ぶことのだいご味は「愛」という言葉に尽きます。ほんとは愛することは単純なこと、シンプルなことなのですが、今の世の中なぜかそのシンプルにただ愛することが難しかったりするんです。子育てに悩んでいたこの方は、ある国の小さなお城の王様という形で物語が始まりました。城は小さいけれど、統率力がありしっかりと兵を統括している様子です。その彼は、雄々しく猛々しく、50代くらい。戦いの勝利の宴席で喜...
  • 2014.01.27 
  • TB(-) |
  • CO(0) 

 セッションを通して、多くのクライアントさんが涙を流す場面に出会います。「どうしてかわからないけど、涙が出てきます・・・。」「どうして涙が出てくるのかしら・・・」この私も、クライアント側としてセッションを受けたときもそうでした。 なぜだか、涙があふれてきてとまりませんでした。でも、そんな体験を繰り返すうちに自分自身で気づいてきました。涙を流した後の自分の変化。セッションが終わって、なんだか気分はす...
  • 2013.05.27 
  • TB(-) |
  • CO(0) 

前向きなPast Life(前世療法体験談)

 今日は気持ちのよいほどの快晴。ところどころの庭先に咲いた八重桜も満開で、私たちの目を楽しませてくれています。 今回はいつもと違う前世療法の内容をクライアントさんにも了解の上でご紹介です。 テーマは「一番深い愛情や信頼関係に恵まれていた過去世へ行く」。 この方は、今世これからどのような方向に進んでいこうかヒントを得るためにやってきました。 お話の主人公は、20~30代の女性です。石でできた建物がたくさ...
  • 2013.05.03 
  • TB(-) |
  • CO(0) 

過去世と体へのメッセージ3

(過去世と体へのメッセージ2の続き)  年明けに受けた私自身の前世療法セッション。予想外の展開だったので、この1回のセッションからの気づきは驚くものばかりだった。 年明け早々始まった体へのサイン。やっと今落ち着き始めたが、年明け早々からだに赤い発疹のようなジンマシンのようなものが出始めた。始めは一つ二つだった。かゆみも無かったので、そのくらいなら・・・とあまり自分の体をまじまじみるなんてこともなか...
  • 2013.02.24 
  • TB(-) |
  • CO(0) 

過去世と体へのメッセージ2

(過去世と体へのメッセージ1の続き)  セッション開始、早速セラピストさんによる誘導が始まった・・・。す、すると・・・ 誘導のため目をつぶって深呼吸を始めた瞬間から私の胸元で何度も「助けて!」と女性の声。そのあとセラピストさんの声が4.5文も行かないうちに今度は映像が見え始めた。 今回は私自身も早い段階で映像が現れ始めたのに驚いた。初めて前世療法のセッションの勉強を始めたときとは大違いだ。  前のブロ...
  • 2013.02.05 
  • TB(-) |
  • CO(0) 

過去世と体へのメッセージ1

 最近、久しぶりに自分のための前世療法セラピーセッションを受けてきた。予約は入れたものの、またテーマを絞っていたわけでなかった。ただ穏やかに始まった年明けから「いったいこのメッセージは何だろう?」と思うようなことが幾度か起こっていたのは事実。 昨年の2012年は辰年にふさわしく年明け早々大きくて太い竜がまるで飛び回っているような天気から始まった。それを覚えているので、2013年巳年の今年はとても静かでなん...
  • 2013.02.04 
  • TB(-) |
  • CO(0) 

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中