FC2ブログ

Entries

ゆ・う・こ

 数年前の不思議な体験。ちょっとうたた寝をした夕方、私の右側の耳元で「ゆうこ」とささやく男性の声!?。

 とても優しく包み込むような声。

 意識の中で「えっ?」と驚いたときには、すでにその人は空の上に上がって行っている。私もその人の後を追いかけ天まで昇る。雲のカーテンの向こう側に入っていたので私も急いでそのカーテンをめくって右側を振り返ると、すでにその方はかなり先を歩いていて消えてしまった・・・。

 いったい誰だったんだろう?

 格好は着物でなく、洋服。でも今時ではなくちょっとダークカーキ色したレトロ風。足にはゲートルのようなものを履いていたような・・・。

 この声を聞いたとき、ほんとに心地がよかった・・・。

 もしかしてどこかでご縁のあった人かしら?身内かしら?

 それか、何かメッセージ?私に?それとも誰かの?

 ・・・

 私の名前は「miwako」、それなのに「ゆ・う・こ?」と耳元でささやかれた。はっきり声が聞こえた。相手の気配も天に昇って追いかけた意識もはっきり残っている。

 このとき、困った出来事が起こっていたのは事実。そのヒントとして「ゆ・う・こ」という言葉を与えてくれたのか・・・。

 このとき以来、「ゆうこ」という言葉を気にしていたらあることに気がついた。考えてみれば私の周りには「ゆうこ」の名前を持つ人が多く、現在の私がいるのもその人たちのおかげであることも多い。

 日本で働いていたときも、女性職員は片手ぐらいしかいない職場で、そのうち仲間二人が「ゆうこ」さんだった。そのころ、仕事帰りに食事やお茶をしながらよく仕事の疲れをとったものだった。いまでも友達だ。

 家族でロンドンに引っ越したときできた私の最初の友人で、そのころよく助けてもらったのも「ゆうこ」さん。この彼女のおかげで、今の私が今の家族がいるといってもいいくらいお世話になり、この恩は一生忘れられないくらいだ。

 英語があまり上手でない私を、息子の学校のことで最初にいろいろ教えていただいたのも「ゆうこ」さん。

 なんて考えていたら、ロンドンで挙式したときも仲人役という形はなかったが、それに近いお手伝いをしてくれたのも「ゆうこ」さん。私が結婚後、ロンドンを去るときに私の仕事も引き継いでくれた人でもある。この彼女とは、私が家族でロンドンに来たことで、再会し今でも交流が続いている。

 そして、現在も大切な仲間の一人も「ゆうこ」さん。

 そうこうしていたら、実は私に元気をくれたり、新しく出会うキーポイントのお友達も「ゆうこ」さん・・・

 もちろん私の気づきや学びのために登場してくれた人もいた・・・

 私には、時に名前でヒントがやってくることがあるが、きっとこの「ゆ・う・こ」というキーワードもそうなんだと思う。

 ・・・そうこうしてたら、昔、過去世での私の名前を現代風にいいかえれば「ゆうこ」「おゆう」という呼び名にあたるかも・・・なんてことがうっすらわかってきた!?。

 だから「ゆうこ」さんと名前を聞くと親近感がわいて、今度はこのかたとはどんなご縁があるのかしら・・・なんて心の中で微笑んでしまう私がいるのである・・・。


前世療法のセッションを体験してみませんか?自分自身を見つめなおす機会にもなり、気づきにもつながります。この春3月下旬まで若葉料金40ポンドでやっておりますのでご興味のある方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。リラックスしたいという方は、レイキ30ポンドもやっておりますのでご連絡お待ちしております。
miwako_tgw@yahoo.co.jp  
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中