FC2ブログ

Entries

隠れキリシタン!?

 1549年日本に初めてキリスト教が宣教師フランシスコ・ザビエルによって伝えられている。彼は2年余り滞在しただけだったが、その後仏教勢力を押さえ込みたいと考えていた織田信長がキリスト教保護をして仏教勢力と対抗したこともあり、キリスト教はまたたくまに広がり信者を増やしていった。

 その後、世が変わりいろいろな理由があるようだが豊臣秀吉は、はじめはキリスト教の布教を認めていたけれど、1587(天正15)年に、バテレン追放令を出してキリスト教を禁止した。江戸幕府も、はじめはキリスト教の布教を黙認していたけれど、やがてキリスト教を禁止した。

 「隠れキリシタン」というのは、江戸時代初期にキリスト教が禁教になった後も、弾圧されながらっも隠れながらキリスト教の信仰を代々持ち続けてきた人たちのことです。


 前話からいろんな視点から自分のことを掘り下げていたら、「隠れキリシタン」というキーワードが出てきた。自分でまさか?と感じながらも、気になっていた。

 しかもその後[爪]のセラビーセッションにいって、セラピストさんが見たという私のビジョン「拷問、爪はがし」・・・。

 このキーワードを見つけた後に、しばらくたって私の前世療法の先生Relaさんのセッションを受けたことがあった。まったくキリスト教徒は関係のないテーマ「家族のご縁の原型をみる」だった。

 場所は日本の山村。過去世で私は父親と二人暮らし。とても仲のよい親子。どうも理由があってどこかある場所から逃げてきたようだった。だから住む場所も山の中で質素に暮らしている。

 「んっ?ある理由があって逃げてきた?」

 Relaさんの言葉に耳が止まった。

 「なんだろう?もしかして隠れキリシタン?」と思っていると・・・

 Relaさんから「あー、きれいなロザリオを持ってますね~」と。

やはり間違いなさそうである。

 私と父親は逃げてくる間の恐ろしさや大変さを知っているということだった。だから、この山村に落ち着いてのち、貴族のようなやんごとなき身分の女性が一人で逃げてきたときも、逃げてきた大変さがわかり、家にかくまって話を聞いたり食べ物を持っていくなど面倒をみているようだった。

 私はもしかして、いったんは改宗に向けての拷問でも受けたかもしれないとちょっと思った。でもこんな拷問、ネットで調べてもよくわからなかった。・・・

 こんなとき、いつも不思議なのが私。職場の友達から「爪はがし」の拷問の話をきいたのである。いつもこんなタイミングだ。これは改宗に関してではなく、第2次世界大戦での話だったがこのようなこともあるんだと思った。

 その後、私は里のほうへ嫁に行き、そこから毎日のようにかごいっぱいに食べ物を持って父親のもとに出かけている。それを父親は楽しみに家の外に立って待ち、いつも「ありがとう」と答えている。Relaさんからも過去世の父親との関係を「あー仲がいいですね。」と言われ、私にもこんな時代があったのかと思うと、隠れキリシタンで拷問されたかもしれないが、それは抜きにしてうれしかった。

 なにしろ今世の父親からは「やられる前にやれ」、母親からは「裏切られた、許していない」と強烈な過去を引きずっての今世親子関係。穏やかなはずもない。(以前のブログ前世療法とリーディングに詳しく書いています。) 今世はこのカルマの解消も私の生まれてきた目的の一つだと思っている。

 話しはそれたが、私たちの生まれてくる目的は魂の成長・向上にある。いろんな立場や状況に生まれ変わりがら学んでいく。

 過去、クリスチャン(ドイツ宗教改革時代)としてまた隠れキリシタン(日本)として宗教を守ってきたところがある私だが、教会の雰囲気にはひかれるものの過去とは違う特定な宗教をもたずに生きるのを今世選択している気がする私である。
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

クリスチャン 

明けましておめでとうございます!
昨年は、大変お世話になりました。
今年もよろしくお願い申し上げます!

しばらくぶりにブログを拝見しましたら、たくさんの
メッセージが。時期がずれてしまいましたが、
その中で私も最近感じている
<クリスチャン>繋がりが共感しました。

私も特定の宗教は持っておりませんが、
2年弱すんだヨルダンでイスラム教の世界に触れ、
通信教育の大学が仏教系で必須科目で習った
仏教、就職先がキリスト教系の大学で身近に
あったキリスト教。特にキリスト教については、
「信者さん」(クリスチャンの方)と、国内外で
よくお会いします。特に教会に行くわけでもない
のに。

でも、宗教には近寄りたくない・・と感じていたり。
今度機会があれば、そのあたりを一緒に振り返って
頂ければ(前世療法で)と思います。

  • さとちゃん 
  • URL 
  • 2013-01-02 13時43分 
  • [編集]

Re: クリスチャン 

さとちゃんさんへ:
あけましておめでとうございます。こちらこそよろしくお願いしますね。
コメントをいただけてうれしいです。メールにメッセージを年末送ったのですが、
長旅後まだ日本にもどられたばかりだったので、お疲れではないかと思っていました。
さとちゃんさんにも、いろんな宗教が身近にあったようですね。こんどぜひセッションでやってみたいですね。
  • londonharunoko 
  • URL 
  • 2013-01-03 14時37分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中