FC2ブログ

Entries

何かが変わった。

 私の周りで何かが変わってきた。はっきりは言えないが、目に見えないものが確実に動いている。雪解けに似た感じ。まだまだ始まったばかりだけど・・・。

 私は物心ついた小学生前後から、両親に違和感を感じていた。両親との間に溝があった。今思い出しても、家族の思い出ですぐ出てくることは傷ついたことが真っ先に出てくる。だから親から愛されていると思う余裕もなかった。

 一時期は、子供なりに家族がこんなになるのは、私のせい?と自分を責めた時期もかなりあった。両親が海外赴任の間に、両家の親戚から両親の生い立ちや、子供のころの様子を聞いたりしにも行った。そこで、これは、私が悪いのではなく、子供のころから両親はこんな性格をもってたんだとわかり、すこし肩の力が抜けたのを覚えている。ようやくいろんな流れがあったあとに、数年前から、そんな両親に「光」を送り始めた。といっても、イメージで。両親や家全体を包み込むように。家族のイメージのあるオレンジや優しいピンクや・・。そして「両親がいい方向へ行きますように、気づきがありますように」と。

 すると、まずトラブルになるような向こうからの電話が減ってきた。
 
 今年の誕生日は、母から「誕生日おめでとう」メールが入った。生まれて初めてのことだ。

 そして、家族の慶弔ごとや私のロンドンの結婚式の日程も妹や弟に知らせなかった両親が、今回、祖母の死をすぐに知らせてくれた。だから、今回は妹のはからいで、その場には行けなかったが、スカイプで祖母に最後に会うことができた。

 両親との関係が何十年もたってようやく、光が差してきた。まだまだこれからだけれど、死ぬまでに一つでもカルマが消化していければいいな。
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

トラックバック:

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中