FC2ブログ

Entries

やすらかに

 今日、私の祖母(子供から見ればおおばあちゃん)が亡くなったと日本から連絡が来た。97,8歳だったので、大往生かもしれない。


 私は、独身時代、職場が長崎にあった。私の祖母も同じ県内に住んでいたので、たまの休みには遊びに行っていた。祖母はおしゃべりが好きで、私が行くとよく昔のころの話をしてくれた。その祖母から、毎回聞く話があった。それは、小さいころの話だ。

 何歳ごろだったかはっきりは覚えていないが、祖母が小学生頃の話ではなかったかと思う。継母に育てられた話だ。継母との関係がとてもつらかったらしい。一人っ子だった祖母は、継母の厳しい言動を一人で受けていたらしい。

 祖母が、その当時の子供に戻ったように嫌だった思いをはなす様子を見て、幼いころに傷ついた心というのはそう簡単には消えないんだと感じた。そして、家庭の在り方もいろいろ考えさせられた。

 それ以外にも戦争を体験した祖母なので、その当時のことなども教えてくれ、いまでも話がきけてよかったと思っている。

 今頃は、先に亡くなった祖父が迎えに来てくれて、そのそばでしばらくの間ゆっくり眠っているのかもしれない。

 おばあちゃん、おつかれさま。そしてやすらかに。
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

トラックバック:

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中