FC2ブログ

Entries

やはり首だった

 ひとつ前の話で、パパさんの首にまつわる不思議な夢と、子供のころから続いている首の痛みについて話を書いた。

 そこから「首を大切にする。首をつなげる。」というキーワードがでてきた。

 そんな気づきもあってか不思議なことだが、いままでパパさんに起こっていた「首の痛み」はうそのように消えた。

 ただ、パパさんの身体的な痛みは消えていったのだが、その当時まだ自分から切った仕事の縁は切れたままだった。

 心の状態を見ると、長引くと覚悟は決めていた私だが、さすがに半年過ぎるころには私も疲れが出始めた。パパさんも悩みながらも、ご縁がどこかにないか動いていたがなぜかどれも先に進まず、パパさんにもやはりあせりが見え始めた。

 そんなときに、知人が申し出てくれた。「何かのヒントになればいいと思うので、今度のお休みに透視の優れた人に海外に会いに行く予定だからパパさんのことを見てもらいましょう。」と。

 「わらにでもすがる思い」ですぐにお願いした。

 パパさんのことがわかるなにかヒントになるかもしれない。パパさんにもなにか感じるところがあるかもしれない。・・・

 その後驚く内容のメールが届いた。

 パパさんはとても気立てのいい人だ。その前提をしっかり忘れないようにということで・・・
「昔、源平時代、パパさんは源氏の武士だったというのである。上司の命令で、平家の侍やその家族をかなり殺したようだ・・・という話だった。彼らと彼らの妻たちの恨みが彼の周りにはかなりあるのだという。そして、今回はお払いをしてそれを払うというのでなく、今世は自分の力で努力してそれを払拭していかなければいけない。」という話だった。

透視してもらった結果、「首切り」の仕事をしていた過去世が出てきたのである。 やはり「首」だったのである。

しかも「二つ前の話’夫婦の今世の課題’」で書いた今世のパパさんの課題の一つでもある、自分でやっていくという「自立」ともつながったのである。人に頼ることから自立へと目覚める一つのきっかけともなった。

 さて、ここで大切なことはとらえ方。

「自分の努力次第で払拭できる。」

「魂のときに自分で作った課題は、今世超えられないものはない」のである。

だから、現在抱えている問題が過去世とのリンクから何を教えてくれようとしているのかに気づくことで、そして現在の自分のあり方を振り返ることで徐々に目の前に一筋の光があらわれて前に進めるようになる。

ほんの少しずつの気づきの積み重ねが、努力が私たちの魂の向上と学びとなると思う。

あせらずに、その人のペースで・・・。

もう人の首を切る必要もないし、自分の首を切る必要もないのである。

気づきを増やしてみませんか?気づきのお手伝いをします。前世療法のセッション(110分)現在、若葉料金40ポンドでやっておりますのでご興味のある方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。リラックスしたいという方は、レイキ30ポンドもやっておりますのでご連絡お待ちしております。
連絡先はmiwako_tgw@yahoo.co.jp
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中