FC2ブログ

Entries

夢で逢う

  • 21時22分 
  • [
 11年前・・
子供を主人の実家の近くで産んだ。逆子だったので、予定日より2週間はやく子供とはご対面。出産後、主人の実家に戻り、子供と寝ていた時のこと。

 私は、親戚のおばさんの家の玄関先に立っている。玄関をとおり右側の茶室のある部屋へ・・・。部屋に入ると、なんとそこには亡くなった祖父がにっこり笑って座っていた。

 私にとってこの祖父は、元気の元。70歳、80歳と年をとってもいろんなことに挑戦していた。そんな祖父の姿をみて、「祖父がこれだけ頑張るのだから、若い私もまけられない。」と、よく思ったものだ。そんな祖父がなくなった知らせを、当時イギリスにいた私は葬式のある日に電話で聞いた。涙が止まらなかった。

 その祖父が、今私の目の前にいる。祖父のまわりは光輝き、あたたかい。服装は黒っぽいきれいな着物を着ていた。とにかく満面の笑みが印象的だった。その祖父から「おめでとう。よかったね。」と言葉をもらた。もう言葉にならなかった・・ 
 目を覚ますと、ほおは涙でたくさんぬれていた。

おじいちゃん、見守ってくれて、ありがとう。
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

トラックバック:

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【夢で逢う】

子供を主人の実家の近くで産んだ。逆子だったので、予定日より2週間はやく子供とはご対面。出産後、主人の実家に戻り、子供と寝ていた時のこと。私は、親戚のおばさんの家の玄関を

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中