FC2ブログ

Entries

4    6月の茶花 あじさい

IMG_1308_1_-_コピー_convert_20180630053642

千利休は、お茶の真意を伝えるために七つの教えを残しています。

その一つが、「花は野にあるように」。

お茶席の花はできるだけ自然のままの姿でとりいれましょう、という意味です。でも、ただそのまま野原につつましく咲いている花をそのまま持ってかえって花入れに入れたらいい、というわけではないので奥が深いです・・・。

6月の季節の茶花にガクアジサイがあります。日本にいる時には、この時期お茶のお稽古に行くと先生のお部屋に飾られていました。

私は昔は一般にみられる今回写真に載せているような紫陽花しか知りませんでした。それがお茶に通うようになってガクアジサイをしり、しかも、一般的にみられるあの紫陽花の元はガクアジサイで日本からが始まりというのも聞いて驚いたのを覚えています。

私の住んでいるフラットのコミューナルガーデンにも紫陽花が植えられていて毎年この時期きれいな花を咲かせてくれていて、それを見るたびに日本やガクアジサイのことを思い出しています。今も咲いています。

今回6月のお稽古でガクアジサイがないかと近くのお花屋さんできいたところないという事で、紫陽花も1本7ポンド!とめちゃくちゃ高く驚きました。しかも大きい!ちょっとお席の雰囲気にあわないな・・・という感じで・・・。

そうしていたら別の場所で程よい感じの紫陽花の鉢植えが売られていて、速攻気に入り購入。それをお水をやり育てながら、今回のお稽古の日にその鉢からちょっと小ぶりのものを切り取って飾りました。

花入れも、写真に写っているこれはキャンドルホルダーです。これを花入れに見立てて使っています。この時期、ガラスだと涼しくもあるかな(^.^)

にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村

セラピーでのブログも完結編ブログ3つ書き終わりました。
「窓辺の柳の木」1~5話
「女領主の過去世と今世の私」1~7話
「今世の謎解きは夫婦問題から」1~30話





関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中