FC2ブログ

Entries

18大腸直腸癌 (Tenovus Cancer Choir Study リサーチプロジェクト協力終了)イギリスで癌の告知から復活までの日々


2017年9月のストーマを閉鎖して初めての診察の日に、Tenovus Cancer Choir Study リサーチプロジェクトに声をかけられ、その当時はちょっと離れた場所にコーラスに行くのは体調的に難しかったので、唾液のサンプルを採取することで協力することになりました。

それから、半年、今日そのサンプルを担当の方が私の住むフラットまで取りに来てくれて一先ず終了です。

取りに来てくれた方は、今日は仕事がお休みで自分のお休み返上でその間にロンドン周辺の協力してくれたお宅へサンプルを受け取りに行っている最中ということでした。今日もロンドン、結構寒いのですが、住んでいる場所を聞くと真反対だし、バスや電車や公共機関を乗り継いで初めての場所へどんどん収集にいっているということで、ほんとうにお疲れ様ですという気持ちになりました。

ほんの少しだけ温かい紅茶を飲んでもらっている間に、ちょっと話をできて、このサンプルがこれからどうなるかなども聞けました。このあとアメリカに送られるといっていました。

4月から5月ぐらいには研究の結果もわかってくるらしく、そのあと文字にして協力してくれた方にも資料が届くらしいです。

それに、昨年はコーラスには参加できなかったのですが、癌に罹患して現在も治療、または癌経験者などで構成するコーラス部隊はそのまま引き続き活動があるとうことで、それにも参加できますよと、後で詳細を送ってくれることにもなりました。

メールでしかやり取りしていなかった担当の方ですが、とっても話しやすくいい人でした。

今回このプロジェクトで唾液を取りながら気づいたことは、とってもリラックスしているときには、口の中にどんどん唾液が自然とたまってくるし、その逆のときは唾液の量も少なく、こうやってサンプルを取るようになって意識して初めて気づきました。

こういう唾液の分泌からも、自分の状態がわかります。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村

DSC_0002_convert_20170909180619.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中