FC2ブログ

Entries

意識体(魂)の統合

 今日は、クライアントさんの了解をもらって私の行っている前世療法のセッション内容を少し紹介したいと思います。

 「地に足がついていなくて、ふわふわ感があり、体の一部がどこかにいっている感じがする。」

 体調が悪いわけでもないし、日常生活は問題ない。しかし、ここのところ心ここにあらずで何故このようになるのか、その原因を知りたいとこの方はやってきました。

 前世に到着すると・・・

 赤い帽子をかぶりスカートをはいて、グレーのコートをきた金髪少女。8歳前後の年齢へさかのぼって行く・・・。

 わけがあって自分の本当の名前や身分、存在を隠して生きなければいけなかった人生。唯一の家族である母親も、今まさに息を引き取ろうとしている。

 臨終間際の場面。「お母さんが死んじゃう・・・。」待合室で、母親の死を悟った幼い少女は「人が死んじゃったらどこに行くんだろう」と考えながら泣きじゃくっている。

 母親の死後、この少女に変化が起こった。学校でも、授業を聞いているが心はここにあらず。貴族の館のように大きい住まいにいながらも、ひとりで窓の外を眺めているばかり。普通に日常生活は送ることができるのだが、無意識の深い心の部分は真っ暗闇で、母親の死をずっと受け入れられずにいる。

 「お母さんに会いたい」・・ただそれだけ。「死んだら人はどこに行くの?」・・・それがわかれば、おかあさんに会える・・・(ここではこの少女は自ら死ぬという意味はまったくなく、ただ場所はわかればお母さんに会えるという素直な気持ちだけがある。)

 それがわからないから、いつも少女はお母さんを失ったときに自分の感覚を引き戻し、お母さんの居場所を探す癖がついてしまった。「母を失った絶望の淵にいく癖だ。」

 そこまで来たとき、クライアントさんに気づきが・・・

 「あっ、急に思い出したことがあります。」「この感覚は私が4歳前後に、よく一人で寝ていたときに考えていたことと一緒です!」「死んだら人はどこにいくんだろう・・・。」

 子供のころ、こう考えると重いエネルギーが胸の辺り全体からグッとやってきて、魂が抜かれていくような感覚があったのを思い出しました。そして、同じような感覚がいま、私に起こっています・・・。

 「気づき」は大切で、気づくことで心の持ち方に変化が訪れ、今まで問題とされていた部分が少しずつ 解放され、前向きな姿勢に生き方が変化してくることが多い。

 今回も、その重いエネルギーが体から抜けて解放された感覚をクライアントさん自身が体験した。「過去からの思い込みや感情の解放」だ。

 最後に過去世からもどってくる前に、今世のクライアントさんの意識体がここで登場した少女(過去世の自分)を抱きしめて声をかけてあげたという。一つに重なった瞬間。

 まさに意識体の統合だ。


前世療法のセッション(110分)を体験してみませんか?自分自身を見つめなおす機会にもなり、気づきにもつながります。現在、若葉料金40ポンドでやっておりますのでご興味のある方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。リラックスしたいという方は、レイキ30ポンドもやっておりますのでご連絡お待ちしております。
miwako_tgw@yahoo.co.jp
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中