Entries

29 大腸直腸癌 ストーマクローズ編(ヘルニアの再発と体に力が入る癖)イギリスで癌の告知から復活までの日々


*発見・告知・手術前まではこちらを。
*手術~入院中はこちら。
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください。
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら。
*術後1年2017年3月以降はこちら。
*ストーマクローズ手術・術後編はこちら。
*ストーマクローズ後、2017年7月以降はこちらから。

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。

セラピールームのブログタグ
🌸初めまして
🌲稲垣メソードUK高速感情解放(エモーションフリー)&体験談
 対面無料体験&お茶会のお知らせです。
🌷靈氣&体験談
🌹前世・過去世療法(催眠療法)&体験談
🌻子育て・教育
🍀スピ・セラピー一般
🌼日常からのヒントやパズル
 

・・・他こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog

🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

ちょっとタイトルのつけ方が微妙に違うかもしれません。

ヘルニアの再発というのは、手術後にまた脱腸になることを再発というみたいなので…私は手術をしていないので別の言い方があるかもしれませんが・・・。

私は、2015年の晩秋から初冬にかけて、ちょうど癌の検査、大腸内視鏡手術をしたころ、本来なら鼠経ヘルニアの手術の予定が入っていました。

鼠経ヘルニアの手術は昨今は日帰りでできるくらい簡単だとうわさでは聞いていたものの、やはり手術というものはなんでも怖かったので、伸ばし伸ばしにしていて・・・それでもそのころは歩くのに違和感だけでなく、痛みや座っていても痛みが来ることもあり、生活にちょっと支障が出始めたかな・・・というのもあり手術日程を組み込んでいました。

でも、急に大腸癌の件が浮上してきて、このヘルニアの手術も延期というかキャンセルにして、まだそのままです。

ここ数年の間に体調不調が多くなり始めて鼠経ヘルニアが再び始まりました。でも、よくよく今振り返ると、大腸がんの時期と似たような頃が鼠経ヘルニアの兆候も不調のピークになっていたのでなんだかごちゃまぜの感じです。


赤ちゃんのころに鼠経ヘルニア、簡単に言えば脱腸があったそうです。しかも両方・・・。

今想像するに、一生懸命力を入れて泣いて泣いて、なにかわかってもらおうと訴えたんだろうな・・・・と。

この時から、体に力が入るパターンを持っていて、繰り返すことで無意識に癖になってきたのかもしれません・・・。

その当時、手術の選択肢もあったようですが両親がお医者さんから、大人になったら自然と脱腸も良くなるかもしれないから・・・!?と聞いたらしく、母親は赤ん坊の私を手術させるのはどうしてもできない・・・と、そして、きっと大人になったら・・・の言葉を望みにそのままにしたらしいです。

・・・でも、またヘルニアが始まった話をしたら、やっぱりあの時しておけばよかった・・・と言われ・・・汗!!


私も、うっすらの記憶しかないのですが、まだ小学校に入る前後の話ですが鼠経部分にヘルニアバンドをしていたのを覚えています。でも、これバンドの部分が硬いゴムでできていて、患部に当てる器具もシルバーの金属で痛かったような・・・。

そのうち、右側はあまり記憶からなくなっていったのですが、左側の方は右よりもひどかった気がします。

でもいつのころからか記憶にないのですが、出なくなりました。

今回始まったのも左側・・・。

今回、直腸とS字結腸の一部を切除した側も左側だし、乳がん検診で引っかかったのも左だし、左が弱いなぁ・・と思います。
今までのことをざっと振り返ってみて、思うことがりました。

その鼠経ヘルニアですが、、結婚して妊娠した時も、大丈夫かな?と内心心配していたのですが、ヘルニアにはなりませんでした。
結構太った状態だったのに、大丈夫でした。

これには驚きましたが・・(笑)。


また、数年前再び出るようになって、もうそろそろ手術をお願いしようと私が思ったくらいの状態だったのが、その後大腸がんの手術後、オストメイトの頃、その鼠経ヘルニアが一時期またおさまりました。

あれ?っていう感じでこれも驚きました。

術後は、お腹の中が空っぽというか全くお腹の中の力も入っていない感じでした。

臨時ストーマ生活も14か月と長くなったので、後半生活が慣れてくると、あれ、また少し始まったかなという感じはありました。
でも、そんなころ再び今度はストーマ閉鎖の手術。

そして、またしばらくヘルニアはでなくなる・・・と。

そんなことを繰り返したので、もしかして、この鼠経ヘルニア、身体の力の抜き方、入れ方さへちゃんとできれば手術しなくて済むかも!と感じました。

日本に行くあたりのころに、またヘルニアが始まったのですが、特に日本から戻ってきてから、体全体が緊張して身体に妙に力が入っている自分に気づきました。歯にも力が入っているし、お腹に力が入っているのにも気づいて、リラックスさせようとマッサージを受けたり、音楽聞いたり、自己セラピーをやったりして解いていき、歩くときもなるだけお腹の力を抜くような形で歩いたりとするようにしていったら近頃はまたおさまっていまてひどくありません。

そして
肉体面だけでなく精神面でも両面が落ち着いてくることが一番だなとも思いました。

どちらもつながっているので、精神面の具合で体もその分緊張の度合いも変わってくるので。

以前は、きっと筋力が衰えているかもと鍛える事ばかり考えていたのですが、それはちょっと逆効果だったなと思うこともあり、ぎゃくに緩めることを考えていくといいと思いました。

この身体を緩めながらと鼠経ヘルニアの様子はまだまだ継続観察中です。

ただ、クシャミや咳などのときは気をつけないといけませんが、そんな時は鼠経部を押さえておくか、寝ていてくしゃみや咳が出そうなときはやや横向きになって足を折り曲げてすると、鼠径部に負担が行かずにできました。

少しでも身体を緩めて鼠経ヘルニアを改善できるよう生活習慣を変えて、なるだけ手術回避をしたいです。

DSC_0773_convert_20151002212828.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。16歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

ようこそ

にほんブログ村参加中

病気ブログ がん

ブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

FC2 アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
904位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
45位
アクセスランキングを見る>>