FC2ブログ

Entries

男子マラソン

男子マラソン

ロンドンオリンピック最終日、男子マラソンの応援に出かけた。

 場所は35キロ地点。場所を探しているうちに、ちょうど日本人選手の給水所前に出てきた。しかも偶然、子供一人分一番前で見えるスペースがしっかりと空いていた。息子はその場所にスタンバイ。私たちもその後ろから声援を送ることができた。

 テレビでは味わえない臨場感。先頭集団が近づくと歓声が沸きあがり、目の前を通る選手達は、30キロ以上も走ってきたとは思えないくらい早いスピードで走り去っていく。あっという間の出来事だ。

 給水の場面も、真剣勝負。日本人3選手を見つけるたびに、日本人の担当の青年は大声で仲間の名前を呼んで給水ポイントを知らせ手を一生懸命のばして水を渡していた。このような縁の下の力持ちの存在も大切だなと思った。そのたびに、私たち日本人も声援を送った。

 この私たちのいた地点で歩いていたり、道路に倒れこみ嘔吐しながらもしばらくして走り去る選手、かなりつかれきっている選手たちの姿も見られ、その様子から42.195キロメートルがいかに厳しい距離かを改めて感じた。

 先頭集団からどのくらい遅れただろうか?最後の選手がやってきた。かなりきつそうだった。そんな中、このようにあきらめずになんとかゴールを目指しがんばろうとしている選手達に自分の国に関係なく声援や拍手が送られた。

 大げさだが世界が一つになった瞬間だった。
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中