FC2ブログ

Entries

9 大腸直腸癌 ストーマクローズ編(手術室=Theatre)イギリスで癌の告知から復活までの日々

*発見・告知・手術前まではこちらを
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください。
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら
*術後1年2017年3月以降はこちら
*ストーマクローズ手術・術後編はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。5月に入りこちらも新しい記事を更新中。


セラピールームのブログタグ
🌸初めまして
🌲稲垣メソードUK高速感情解放(エモーションフリー)&体験談
 8 特定の薬に対する思い込みとエモフリ(ストーマクローズ手術)体験談
 7 薬とエモフリ (ストーマクローズ手術)体験談
🌷靈氣&体験談
体験談:術後すぐの活用
頭がすっきりして、悩みの解決の糸口がみつかりました。
🌹前世・過去世療法(催眠療法)&体験談
 パリに対する違和感がなくなりました。
🌻子育て・教育
 海外に住みながら日頃の家庭での日本語指導
🍀スピ・セラピー一般
 

・・・他こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog

🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

今回も、1つ英語の話です。

病院英語には結構戸惑いますが、イギリスに住み始めたころまだ息子も3歳前後、よく熱も出しやはり子供のことになると、必死です。

GPに行けばどんな症状か伝えなければ先生にもわかってもらえないので、単語を調べては四苦八苦しながらも先生とやり取りをしていました。

それでも、今回みたいに検査に手術に・・といろいろあると、さらに知らない言葉のオンパレード。

そんな中、「へぇ~」っと思った言葉です。

先日、忘れ物を取りに行って、久しぶり「Theatre Admissions Unit」という言葉を見て、思い出しました。DSC_0003_convert_20170521060100.jpg



イギリスでは手術室のことを「Theatre」と言います。「Theatre」といえば、劇場という意味があります。

私も最初聞いたときには「えっ?劇場?」という意味しか浮かんでこなくて、特に電話で受けたので、病院からの電話というのはわかるんだけど・・・???でした。


なぜイギリスでは手術室のことを「Theatre」と言うのかというと、劇場って、たくさんの観衆がいて演技を見ていますよね。手術風景も同じように、患者の周りにお医者さん達がたくさんいて患者さんへの手術の様子や執刀医のやることを見ているところから、シアターの場面と似ているでしょ・・と現地のお友達が教えてくれました。

私の手術のときも、きっと執刀医を中心に若手の先生方もいたりしたんだろうな・・・と思います。




関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中