FC2ブログ

Entries

20 大腸直腸癌 ストーマ・人工肛門編(術後1年、気力はつけるもの)イギリスで癌の告知から復活までの日々


最近のテーマは自分への癒しと休養。そして復活に向けて自分の身体との対話です。また、がん克服に向けての自分の記録と告知や手術・術後の生活を通して改めて思う事や感じることがありました。そのようなこともブログに来てくださる方の参考になればと思いシェアしたいと思います。

*発見・告知・手術前まではこちらを
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら

Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog


🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼
 
身体の調子がいいので、足りないものを買い足しに行こうと、今日はロンドン市内へ2つ用事を作っていってみました。

久しぶりセンターに行くと、ショーウィンドーに置かれているものもおしゃれで、住んでいる地元の周辺ばかり近頃うろうろしていたので、また違ってなんだか刺激を受けます(笑)

でも、残念ながら用事を済ませ市内の友人の家に行く頃には、もうへとへと・・・・。

ただお店に一軒よって、そのまま移動してお友達の家に行っただけなんだけれど・・・。

まだまだ、エネルギーのチャージは十分でないのを感じ、ちょっと落ち込む私です・・・。

もうちょっとましだと思ったんだけどな。

まぁ、家にいる時には、動いたあとは、休憩が必要と感じればすぐにゆっくりしていたのだけれど、今日は朝からいつもより長い時間行動していたからだな・・・きっと。



この一年の間に、ようやく気付いたこと。

体力って、よく「体力をつけよう」「体力をつけなさい」って言葉は小さいころから耳にしていたから、体力は運動などして身につけていくっていう感覚はありました。

でも、気力については、この術後の生活まであまりいしきしたことがありませんでした。

気力だけはもともとかなりあったせいか、気力がなくなるなんてことも考えもしないし、気力なんて人に備わっていて、気力が減ってもすぐに湧いてくるもの・・・って考えていました。

気力、気の力、気のパワー、気のエネルギー

でも、でも、違うんです。
何十年もためていた気力を使い果たしてしまったことを体験してしまった今、気も体に意識してためていく、体力と同じものなんだとわかったんです。そして、気力がたまることが、体力をつけることやメンタルが強くなっていくことともつながっている。

ずっとためることをせずに、あるものを使っていて生活が成り立っていたので、ここまで何も考えなかったわけです。

術後、自分の体と向き合ったとき、お腹の中がエネルギー的に空洞、すっからかんになっている感覚を味わいました。ほんとに何もなくなっている、力も湧いてこない感覚。

手術の前も、あれが気力がなかったサインなのかな、ということも今さらながら気づくところです。

そんなときは、動けないし、体の血流もあまり感じないので、体も冷たい感じです。



そこで少しずつ、お腹の中に、気をためていくことを始めました。気力のチャージです。今の私には、少したまっても、ちょっと行動するとすぐに使い果たしてしまい、気を体に貯めるのには、手こずっていますが、これもでも、この半年、数か月前よりは、すこしずつ変化していると思い、焦らずにやっていこうとは思っています。


チャージされていくと、体が温まり始め、体が温まりはじめるとある瞬間に、今からなら動けそうだという力が湧いてきます。体の痛みなども、軽いものなどは気のチャージをしていく間に、スゥ~っと取れてしまうこともよくあります。体の中が何かに満たされてくる感じで、体の中の空っぽ感が減ってくるんです。しっかり足が地に着く感覚というか・・・。そうなると、意識も記憶力もはっきりしてくるし、目の前がすっきりしてきます。

本来、気のチャージは立ってやった方が足の裏がぴったりと地についていいです。エネルギーがしっかり地から入ってきます。

ですが、どうしてもきつい時や疲れが合うときには、私は最初、横になって仰向けになった状態でまず、体に気を流します。そして、次に立って、最後はゆっくり座ってと、こんな感じです。慣れてくると、きっとどこでも、そんな状態でもできるようになるんだと思います。


今日も、お友達の家に行ったとき、ふらふらだったので、ソファーに横にならせてもらって、まず息を整えながらお腹や鼠蹊部や、胸腺、頭・・・など自己靈氣をしているかんじになりますが、最後はお腹に力が集まるように、流れていくようにしました。

そして、そこで少し楽になると、次に立った状態で似たような感じで、体の中に力がめぐるようにしてお腹に最後はエネルギーをため、そしてゆっくりソファーにすわりました。


こうやって意識して気力をつけていくと、体も動くようになるし気持ちもグンを元気になります。こうやって体力と同じように、気力も強くなっていくんでしょうね。

気力も体力と同じで、日頃から気の力をつけていくことが大切です。

2.jpg

関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中