FC2ブログ

Entries

13大腸直腸癌 ストーマ・人工肛門編(下痢を抑えるヒント イギリスバージョン)イギリスで癌の告知から復活までの日々


最近のテーマは自分への癒しと休養。そして復活に向けて自分の身体との対話です。また、がん克服に向けての自分の記録と告知や手術・術後の生活を通して改めて思う事や感じることがありました。そのようなこともブログに来てくださる方の参考になればと思いシェアしたいと思います。

*発見・告知・手術前まではこちらを
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら。

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog



🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀
Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

手術まで1週間を切りました。

病院で言われた通りインフルエンザから2週間もすれば次第に食欲も戻り、痰の絡みや切れもよくなり咳もだんだんと楽になり外出した後の疲れもだいぶ減りました。

これならなんとか大丈夫な気がします。


今日は、ストーマからの下痢を抑えるヒントについてです。

体は正直だなと思います。食べるものやその時の体調や精神状態で便の状態も違います。。

今振り返って気づくのですが、術後から下痢状態がかなり多かった気がします。しかも、ちょっとしたことですぐにお水状態になりました。もともと私のストーマは右側の回腸部分に作られたイレオストミーなので、便の状態は消化酵素も含まれた水様便なので基本柔らかいです。でも、その便とは明らかに違うお水状態のものが出てくることがありました。

どんな時だったかな・・・と考えると

・術後やストーマ生活に慣れずにストレスや緊張を感じていた時
・疲れや風邪やインフルエンザなど体調が悪い時
・薬をとったとき
・ある食品をとったとき

が主に浮かびました。

食品に関しては、外出ができるようになってからたまにカフェでお茶をした後、家に帰るまでにパウチがお水でぶくぶく、パンパンになっているのに気が付いて、重さでパウチが外れたり漏れたりしないかドキドキしながら帰ったことが幾度かありました。

どうも利尿作用があるものやカフェインや牛乳を入れたものを飲んだ後、なることに気づきました。ただ、これも不思議で、体調やストレス状態によっても状態が違う気がします。

また、インフルエンザの時は便は水っぽいものばかりで、食欲もなかったのですが、後半バナナだけは食べるようにしたところ、やや水っぽさが押さえられました。ほかにも、ご飯を食べると、便がややザラットしたものに変わることも以前体験しました。それで逆に水分が少ないと思ったときには、ご飯の量を減らしたりお粥にしてみたりしたこともありました。

食事のとり方でも変化があります。

私がこちらでもらった資料では、下痢を抑えるいくつかの食品の紹介がありました。病気ならもちろん病院へ行くべきなのですが、食事や飲み物など日々の生活のなかでの下痢を抑える参考として書かれていました。下痢の時に食べるとよいとされるものです。

Loose watery output

Under ripe bananas 熟したバナナ
Marshmallows (approx. 30/day) マシュマロ
Jelly Babies (approx. 200gms) グミに似ているゼリーでできたお菓子
Smooth peanut butter ピーナッツバター
Apple Sauce (cooked apple) アップルソース
White rice       白米
Pretzels
Noodle / Pasta   麺類やパスタ
Buttermilk    バターミルク
Arrowroot    くず粉
Yogurt (natural, you can flavour it with honey) ヨーグルト
Gravy granules to be used in sauces etc. 

ヨーグルト_convert_20161229193336


お国柄、日本で書かれているものとは違うなぁと今回も感じました。

マシュマロって、お菓子のイメージがあったのですが、お菓子以前は、のどや胃腸に作用して炎症を抑える薬用として使われていたらしく、初めて知って驚きました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中