FC2ブログ

Entries

8大腸直腸癌 ストーマ・人工肛門編(ストーマでの食事 フードブロッケージ)イギリスで癌の告知から復活までの日々


最近のテーマは自分への癒しと休養。そして復活に向けて自分の身体との対話です。また、がん克服に向けての自分の記録と告知や手術・術後の生活を通して改めて思う事や感じることがありました。そのようなこともブログに来てくださる方の参考になればと思いシェアしたいと思います。

*発見・告知・手術前まではこちらを
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら

久しぶりのストーマの話です。

ストーマのおかげで、術後、家に戻り現在まで食欲も次第に旺盛になり、いろんなものを食べて体重はここ数年以来の最高記録を更新!?かもしれません(笑)

このストーマ生活、食事についてはパンフレットももらいストーマケアナースの方からもお話はありました。

今回は、フードブロッケージ(食事による腸の閉塞)編です。


きっとイギリスと日本で食文化も違うので内容が多少違うと思います。

イギリスでのFood that may cause blockage are:
Nuts        豆類
Dried fruit     ドライフルーツ
Coconut       ココナッツ
Dried vegetable   乾燥野菜
Asparagus      アスパラガス
Mushrooms      きのこ類
The white pith on citrus fruits (tinned fruit is fine) 柑橘類のふさの皮・缶詰はOK
Onions and peppers  玉ねぎ、ピーマン
Pineapple, melon   パイナップル メロン
Bean sprouts     もやし
Bamboo shoots     たけのこ
Lettuce        レタス
Popcorn        ポップコーン
Tomato/fruit skin   トマトや果物の皮
Celery         セロリ

フードブロッケージが起こった時の症状:
腹痛、お腹の張り、むかつき、吐き気、ストーマからの消化物があまり出てこなかったり、出てこなかったり、水分ばかりでる。

対処方法:
お水などのclear fluids を飲んで、リラックスしながらお腹をさする。症状が深刻な場合はストーマケアナースやお医者さんに相談する。

日本のフードブロッケージに関する食事を調べてみると:
イレウスを防ぐために
癒着や吻合部の狭窄などが疑われる場合には、非水溶性食物繊維の多い食品、消化の悪いタンパク質の食品の摂取に注意しましょう。

【非水溶性食物繊維の多い食品】
芋 類 こんにゃく、しらたき、皮付きの芋類など 
豆 類 皮付きの豆類、おからなど
種実類 アーモンド、ピーナッツなど
野菜類 いんげん、オクラ、かんぴょう、小松菜、ごぼう、セロリ、
とうもろこし、ニラ、にんにくの芽、ほうれん草、れんこん、
切干大根、たくあん、野沢菜、もやしなど
山菜類 たけのこ、メンマ、ぜんまい、わらびなど
果実類 干した果物、かんきつ類の皮、さくらんぼなど
きのこ類   えのきたけ、しいたけ、しめじ、エリンギ、きくらげなど
海藻類 昆布、わかめ、ひじき、めかぶ、茎わかめなど

【消化が悪く、胃液の分泌を促進する食品】
いか、たこ、貝類、佃煮、燻製など
脂の多い肉類(ロース肉、ばら肉、鶏肉の皮、ベーコンなど)、塊の肉

(ブーケのサイトを参考にさせてもらいました。)

現在9か月ちょっと過ごしていますが、一応、ブロッケージの中に書かれている食品も食べています。最初はドキドキでしたが、小鉢程度に量を少なめに食べれば問題ないと思いました。でもこうやって日本のサイトには詳しく食品が書かれているので助かります。

食事をとっていて大切なのは、よく噛むこと!!!です。最初の頃、ぼぉ~っとしてて人参をあまりかまずに飲み込んでしまい、飲み込んだ瞬間「あっ、しまった」と私もドキッとしました。

案の定、その日の夜、お腹に鈍痛が・・・。出てきたものを見ると、(ストーマパウチから中が見えるので)、多少消化液で溶かされた感はありましたが、ほとんど人参は私が呑み込んだままのサイズでした・・・。

子供の頃から、胃がなんでも食べ物を粉々にして消化してくれると聞いていたような・・・でもそんなことはありません・・・。

消化器官に負担をかけないためにもよく噛むことを実感しました。

よく噛むこと大切です~。

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せていこうと思います。こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog

                     誕生日ケーキ_convert_20160408184128

12月のロンドン・エモーションフリー講座開催のお知らせ。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
詳細はこちら➙ http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blank-1
★講座日程:
★日時:
   12月21日
   12月28日
★(10:30-16:45)
★1日完結セミナーです。再受講も可。
★最寄り駅:Ealing Broadway(Central line)
★場所:お申し込みの方に後日住所の詳細をお送りします。
★受講料:250ポンド(再受講の方50ポンド)
★お昼を挟みますので、各自お弁当などご用意ください。
★お申し込み方法:
こちらのメールアドレスから harunokotherapy@gmail.com
または、ホームページの連絡先のサイトこちらから
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/contact
お願いします。

会場の関係で、1つのコースにつき6人までとなります。

*お子様の送り迎えなどある方には、ウィークデー2日間に分けてお迎えに支障のない時間でコースを組むことも可能ですので、その場合はメールにてお問い合わせください。

ホームページ:http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko
(Miwakoのセラピールームです。)

🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀
連絡先アドレス: harunokotherapy@gmail.com  (Miwako)
または、ホームページ内の連絡先よりご連絡ください。
Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
******************
エモーションフリーはこのセラピーの開発者、稲垣正信氏が「まず家庭の中の冷戦を止めて、そこから世界の戦争を止めたい」と考えて作っています。


そのほかにも稲垣氏はミッションということで、このようなことも綴っています。(以下、エモーションフリー公式サイトより)


ミッション*********************


良く聞かれるので書いておきます。


私がやろうとしていることは、セラピーテクニックを広めて、普通の人が自分自身や周りの人を助け、世界が変わっていくことです。


昨今のニュースを見ていても、ストレスや感情の爆発によって人生が狂っていく人がたくさんいます。その中には、その人の子供や、子供自身が事件を起こしているケースもたくさんあります。


もし、そんな人たちのまわりにセラピーテクニックがあふれていたら、どうなるだろう?


mixiやBLOGを見ていても、自分の感情に振り回されている人たちがたくさんいます。セルフヘルプでもいいのですが、相互援助によって良くなっていく世界を作りたいと考えています。


だから、私は時間のかかる施術はあまりしません。それよりもセミナーをたくさんやって多くの人に技術を渡して、技術だけでなく心づもり、在り方も渡していきたいと活動しています。


エモーションフリーは、その一つの形です。


レイキ、感情を解放するエモーションフリーEFT、身体の感覚から自分を理解していくフォーカシングの3つをベースにNLPやソース、コーチングを駆使して、人を自由に、楽にしていく方法を教えています。今後も増えていきますが、ポイントは、『あなたが周りの人を楽にしていく』ということができるようにすることです。


そのためには、生活が維持されて趣味として学ばれても構いませんし、仕事としてやりたいからという理由で学ばれてもいいです。仕事としてやられるのであれば、それで生活できなければ十分に回りに貢献することはできません。だから、仕事の方法を教えたりしています。そういう意味で、人を助けたいというセラピストとは根本的な立ち位置が違います。


人を助けることができる人をたくさん作ることのポイントを置いています。


助けると言っても、人の上下はありません。ある時、陥っている人がいれば陥っていない(偏った考えにはまっていない)人が、それを気づかせてあげると言うことです。


エネルギーワークがやりたいのではなくて、それが感情を認知して解放するのに役に立つので使っています。


人によって合う合わないもあるでしょうし、考え方も受け入れられる受け入れられないと言うこともあります。ただ、多くの人ができるのであれば、選択肢が増えます。今は、少ない選択肢から補助してくれる人を選ばなければならないし、補助してくれる人の存在すらわからないということになっていると思います。


友人が友人を助けるのは当たり前だと思います。


そういう世界を作って、それが大人の鏡である子供たちの世界にも広がることを願っています。時間がかかるかも知れません。でも、はじめなければ変わりません。だから、はじめています。


一人では、全然、時間もパワーも足りません。皆さんが学んでくれることを願っています。一緒に力を合わせましょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中