FC2ブログ

Entries

2大腸直腸癌 退院後編(我が家の春の気配と睡眠時間) イギリスで癌の告知から復活までの日々



最近のテーマは自分への癒し、休養。がん克服に向けての自分の記録とイギリスで大腸癌の手術をする人の少し参考になればと自分の現在の体験を書いています。

前話までの話(発見から告知、手術前まで)は「大腸癌」の欄を見てください

手術後の話は「大腸癌、手術後」を見てください

この話は手術後、退院編の話になります

今日も長くなってしまっています…


昨日夕方嬉しい気づきがありました。

半年ぶりに、また我が家に太陽の光が差し込んできました。
DSC_0024+(2)_convert_20160308025916.jpg    DSC_0023+(2)_convert_20160308030035.jpg

  
私はこの瞬間が大好きです。

これからは季節的にも明るくなる一方です。

日差しが我が家に日に日にたくさん差し込んできて、夏場は夜の10時近くまで部屋のなかを照らしてくれます。

我が家は半年春から夏の間日が差し込み、秋から冬になるとまた日が入らなくなります。目に見えて太陽の動く位置がかなり季節によって変わるんです。イギリスに住んでいて、おもいっきり夏時間冬時間をこんなところで感じています。

昨年の様子は以下のブログに書いてます。「啓蟄、春が来た!」です。2015年3月10日のものです。http://londonharunoko.blog.fc2.com/blog-entry-299.html

そんな心がウキウキする時期に、

ようやくここにきて日々できるようになることが増えてきて、それを感じるたびに確実にいい方向へ行っているのも感じて心も元気が湧いてきます。

毎日その日できるようになったことがあるとノートに書いているのですが、これって結構自分のためになります。

またきちんとまとめたらブログに書いておこうとは思いますが、昨日嬉しかったことは、昨夜初めて続けて3時間睡眠がとれました。
睡眠がとれると、やはり体も心も違います。

よく大腸癌術後の睡眠を調べると、「睡眠と休息はよくとるように」と書かれているのですが、実際術後は思うように睡眠がとれないなっていうのが感想です。

だから、自分のペースで焦らずに睡眠のことも考えられたらと思います。

家に戻ってきたころは、まだまともに歩くこともできず具合が悪く痛みもかなりありました。だから、睡眠はほぼゼロ状態。それなのに、眠たいという感覚さへないんです・・。

こわいですね。

睡眠がほぼゼロが毎日続くのに眠たい感覚がなく、体の疲れと痛み、それにストーマや傷口の場所の関係で右にも左にも向きを変えられず、おまけにまっすぐも傷口が突っ張って痛くて気になって寝られない・・・変な感じでした。


それが、1時間、1時間半とだんだん睡眠時間が伸びてきて、ようやく昨日3時間寝れました。

自然と睡魔が襲ってくる、あたりまえに眠たいという感覚がやってくるのが嬉しかったです。


さて、
睡眠がとれなかった期間、一つ自分で決めたというか、今までの体験から焦らないようにしたことがあります。私にとってのいつものゆるゆるルールなのですが、

それは、別に寝られないからといって、焦ったりイライラしたりしないこと。
別に寝られないなら寝なくていいよっていうくらいの気持ちでいること。別に夜だから寝ないと・・とも考えない。またベッドでちゃんと寝なきゃっても思わない。

だから今回、夜中ソファ―で寝てみたり、セッション台、リビングのじゅうたんの上や寝室、少し前かがみの態勢、よつんばになったり・・・などいろんな場所でいろんな態勢を試してみました。
そして、少しでも気持ちも体もリラックスできる方法をさがしてみたりして・・・。
でも、周りから見ると結構不思議な事やっているように見えるかもしれません・・(汗)でも本人としては、結構必死でした・・・(笑)


少し書き残したノートを振り返って睡眠の様子を見てみると
11日木曜日手術

16日火曜日夜(退院当日)・・日本では10日から2週間は入院するところだけれどイギリスはだいたい5日間の入院。家であとは引き受けてもらう形になります。当然この日も自分で歩くことができず、車いすや抱っこされながら戻ってきました。これについてはまた別のブログで。
・・・睡眠は朝まで寝られずに苦しい。

🌼苦しいんだけれど、それでも心の中で「家に戻ってきて本当によかった」と感じていたので何度も「あー、ほんとに戻ってきてよかった、よかった・・・」と、つぶやいて窓からいつも見慣れた夜景の風景を見ながらひとりごとのように声を出して自分に話しかけました。この声を出すこや好きな風景をみたりすることは体がリラックスしていいことに病院で気づいたので、家に戻っても活用。きっと側からみれば変な人だったかもしれないけれど・・・。

17日水曜日・・・手術後以来ずっと寝られない。横にもなれない。ソファ―にお布団をおいて寝てみる。朝、ソファーに座ったままうつらうつらしていた。

18日木曜日・・・ベッドで寝ようと試みたけど、最初はマットの圧で体がきつくなる。でも、それでも夜中に1時間半がんばって寝てみた。
🌼家に戻ってきて、ずっと夜中寝られないときは、窓から夜景を見たり、自分に話しかける。家に戻ってきているので、時にはリビングルームに移動し、時にはトイレへとごそごそ自分のペースで動く。ストーマのケアもそのたびにしてみたり・・・。あと、気に入った写真やカード、メッセージなど目から入れることも効果的でした。

19日金曜日・・・この日の夜は退院した日の夜と同じくらいつらかった。睡眠はゼロ。そ
の日の午前中に、じゅうたんに正座して椅子やソファーの背もたれに前かがみに少しなって寝ると体がリラックスすることに気づいて、その格好で30分寝れた。
🌼この日の夜中は、意識を痛みや不調から離すために一人リビングルームでテレビをつけて、何か自分で心地いい画面やお笑い系のテレビで人が笑っている番組をみてみる。意味が分からなくても、人が笑っているのを聞くとなんだかほっとする。それに、たまたま自然のドキュメンタリー番組で壮大できれいな風景が流れてきて、「わぁ~きれい」って思っていたらこれも体がほわっとする瞬間でした。夜中遅くまでTVを利用するのも寝られないときにはいいかも)。ただし激しい言葉やドロドロした内容は全くダメです。
 
20日土曜日・・・午後ベッドに横になってみるけど、横になれる時間は30分だけ。眠たいと思ったのに、上を向いて寝られない。病院にいたころとは違う部分の痛みが続いている。
🌼正座した感じで、顏あてを作って態勢を少し前かがみになって寝ると、楽なので引き続きたまにこの格好をしてリラックスする。ソファーにもクッションやお布団で座り心地をよくすると、これも楽だった。でも、どちらも長くは持たないけど、こうやって前かがみでリラックスしているときに背中をさすってもらったときはとても力が抜けてよかったです。

21日日曜日・・・夜中、とにかく眠い。それでも上を向いて寝ると体が痛くなって30分
で目が覚める。そのあと、もう一度薬を飲んで寝てみると、20分寝れた。この夜中、嬉しかったことは「当たり前に睡魔が襲ってきたこと」朝方、妹から靈氣をしてもらいながら横になったら、1時間寝られた。この日の午前中は45分寝ることができたけど、途中で左傷後ろの背中が痛くなって目が覚めた。
🌼不思議なんだけれど、退院してから寝られず大変なのに、気持ちは上向きで決して落ち込む感じではないのが面白く、かえって「楽しい」という気持ちが根底に流れているのを感じました。きっと患部を切り取ってすっきり感がどこかにあるのかもしれません。
日本から妹が来てくれて、その妹に靈氣をしてもらったり、軽く背中をさすってもらうとすっととてもリラックスして、そのおかげで1時間寝られました。レイキやさすってもらったりしてもらうのもおすすめです。ただ、指圧は身体に強い気がしました。あと、棒灸もリラックスできました。

23日月曜日・・・夕方、1時間15分寝られた。ちょっと進歩。夜、睡魔がきたので「やったー!」と思い床に就くが、30分で目が覚めた。もっと寝やすい場所はないかとおもい、自分のセッション台の上にお布団をのせてそこで寝てみる。マットの固さはちょうどいい感じなんだけれど、幅が狭く結局緊張してしまった・・・。

24日火曜日・・・リビングルームのじゅうたんの上にお布団をおいて寝てみると、意外と気持ちよく、1時間半から2時間寝られました。でも、家族が出入りが多い場所なのでやはり次の日はベッドへ戻りました。

27日土曜日・・・このころになると、夜中1時間40分、しばらくあいて2時間と2回ほど長めに寝ることができるようになりました。

3月1日火曜日・・・1時間半、30分、1時間半と夜中3回に分けて睡眠をとることができるようになりました。

3月2日水曜日・・・夕方、1時間50分ほど眠ることができて、目覚めた瞬間「あーよく眠れた」と初めて目覚めが気持ちいいと感じました。目が覚めたとき、窓から春の日差しを伴った青空のいい天気が目に入ったのも大きいかもしれません。

3月5日土曜日、6日日曜日くらいになると、まとまった睡眠時間もたまに2時間や2時間半というときも出てきました。

そして
3月7日月曜日には3時間睡眠!その後も1時間40分に1時間10分と3回睡眠をとれたので、上出来です!


今日もこのブログを仕上げながら、いい具合に眠気が来ています~。

おやすみなさい~
DSC_0025_convert_20160308034613.jpg

🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼


ロンドン西部イーリング地区で
           セラピーヒーリングと家庭教師をやっています。


連絡先アドレス: harunokotherapy@gmail.com  (Miwako)
または、ホームページ内の連絡先よりご連絡ください。
Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです


❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤
2016年1月よりしばらくの間、仕事はお休みをいただきまして自分の体調と向き合う時間をいただくことになりました。(女性のための電話相談、ボイスマルシェもお休みをしています。)大腸がんを克服してまた元気に復活して皆さまにお会いすることを目標に生活をしていきたいと思います。ブログはできるだけ書いていこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中