FC2ブログ

Entries

1大腸直腸癌 手術後編(ドタバタ入院記1 意識と体) イギリスで癌の告知から復活までの日々



最近のテーマは自分への癒し、休養。がん克服に向けての自分の記録とイギリスで大腸癌の手術をする人の少し参考になればと自分の現在の体験を書いています。


前話までの話(発見から告知、手術前まで)は「大腸癌」の欄を見てください。

これは手術後の話になります。


検査やコンサルテーションなど手術まで自分なりに落ち着いて臨んでいた私でしたが、術後病室でもうろうとしながらも意識が戻った時、初めて自分の正直な気持ちに気が付いて愕然としました。

体が、私の気持ち・意識とは関係なく意思表示をした感じでした。

手術の話をすると、記憶はないはずなのに体が急にがたがた強烈に震えだす私がいたんです。寒くて震えるのとは明らかに違いました。毎回あまりにも強烈な震えなので、入院中、手術の話は自分でもあまり口にするのは無理だな、って感じたほどです。


初めてがたがた体全身が震えながら、この時初めて「あー、私本当はとってもとっても手術が怖かったんだ・・・。」とすぐに感じました。


体からのメッセージでした。

とても怖いながらも私のために平静を装いながら手術台に上って手術を何時間も頑張ってくれていたんだ…私の体・・・。

そんなことを考えたら、これからはもっと体の声を分かってあげないと、体を大切にしないと・・・

と、なんだか自分の体が愛おしく、そしてこんなに頑張ってくれた体に「とっても怖かったんだね。それなのによく頑張ったね,
ありがとう・・・」と自然と心の中でなんどもつぶやきました。


そして、この「怖かった」という気持ちをただ受け止めようと思いました。

体は私が思っていた以上に頑張ってくれていたんです。。。

自分の体なのに、そんなことにも気づかなかった・・・。

入院中、こんな感じで体が私に教えてくれる出来事がいくつかありました。

🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼


ロンドン西部イーリング地区で
           セラピーヒーリングと家庭教師をやっています。


連絡先アドレス: harunokotherapy@gmail.com  (Miwako)
または、ホームページ内の連絡先よりご連絡ください。
Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです


❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤
2016年1月よりしばらくの間、仕事はお休みをいただきまして自分の体調と向き合う時間をいただくことになりました。(女性のための電話相談、ボイスマルシェもお休みをしています。)大腸がんを克服してまた元気に復活して皆さまにお会いすることを目標に生活をしていきたいと思います。ブログはできるだけ書いていこうと思います。

関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中