FC2ブログ

Entries

大腸直腸癌7(告知) イギリスで癌の告知から復活までの日々



前話その6からの続きです。

まだ来週のMRIの検査はあるのですが・・・

昨日、病院でのお医者さんとのコンサルテーションがありました。今回は、先日からの病理検査の結果がわかるだろうと思い、うちのパパさんと私の友人と3人で行ってきました。
きっと大切な話だと予想がついたので、3人もいればきっと病院英語も誰かが聞き取れるだろう・・・とおもいまして・・・((笑)

今回も、予約の時間ぴったりに診察前の看護婦さんによる検診。一緒に来てくれた友人が、NHSでのこの時間通りの動きに感動していました。

その後、しばらくして呼ばれて診察室へ・・・

入るといきなりお医者さんが笑顔で立って出迎えてくれていきなり「コンニチワ、ドウゾ、・・・」と日本語で話すではありませんか!!!

「えっ???えーーーーー?」と驚いていると

今回のお医者さんは(私が診察してもらうところはサージャリ―チームとなってケアしてくれるところなので、そのチームの中で先生が変わるみたいです。)、日本にある医科大学に2年間通うために東京に住んでいたと日本語でぜーんぶ話してくれました。
とても上手で驚きです。2年間でそんなにしゃべれるのー・・・私なんでイギリスに10年以上住んでこのレベル…と、きっと一生懸命勉強したんだと思います・・

話はそれましたが、そんな日本語を私たちにしゃべってくれるお医者さんの隣で、看護婦さん風の方が、これもまたニコニコ笑顔で「先生は、私に(この方はイギリス人の女性です。)日本語がしゃべれるところを見せびらかしているのよ~」と会話に入ってきます。

この女性は、これからの私の各方面でのサポート他をしてくれるMacmillan Cancer Supportによる専門看護師の方だとわかりました。

診察室に入って、椅子に座る前から楽しく驚くような会話で場がとっても明るく、私もなんだかとっても楽しかったです。



そして、そんな会話の中、自然と私の今回の件についての話になりました。(ここからは英語でした。)
 
とっても自然な流れで・・・

「それでは、あなたのcancer(癌)についてですが・・・」

今思えば、これが「告知」の瞬間だったんだろうなと思います。私も、根拠はなかったのですがいろんな感覚から覚悟はしていました。ですから、その時は「涙」なんてこともなく、ただ淡々とお医者さんの話を聞いて、自分でもいろいろ質問したりして・・・。

病理検査に出した腫瘍の中にがん細胞が見つかったと。先日のCTの結果、まだMRIもするからということですが、今のところほかの部位への転移は見られないということで、その腫瘍のあった組織下の部分での癌の広がりになっているのではないかとお医者さんは言ってました。お医者さんはHopefullyという言葉を使ってくれましたが、現在のところはうまくいけばEarly stage T1 T2・・・といってました。

あとは、切ってみないとどこまでかわかりませんよね。

きっとこれでも早期発見に入れてもいいのかなと自分で勝手に思い、また現段階で転移が見られないというだけでも、すこし安心しました。

ただ、体に痛みがあったりするので、それはいったいどこから?と少し思うところはありますが、気づかない心の奥底で引き起こしているかもしれないし・・・。

そして、その後の選択肢として2つを提示してくれました。開腹(キーホール)手術か、TEMという手術。開腹手術は体にかなりの負担がくるので、TEMが身体にも優しい手術なのでということで、TEMの方向でも話が進み、この手術は特別な手法なので、病院もそのときにはその専門家がいる病院へとなるそうです。これについてはまた別のときに書きたいと思います。

また手術を考えると、麻酔が聞いてくれるか心配で、今度はもう最初から寝ていたい・・・気分です。

先生との診察のあとは、がん患者さん用のinformation packをもらいMacmillan Cancer Supportによる専門看護師との話もありました。これについては、また次のブログで書きたいと思います。

手厚いサポートにこれもなんだか感謝と驚きです。

こんな告知の場面なのですが、今思い返しても気持ちは明るくリラックスして落ち着いた自分がいれたのは、一緒についてきてくれたパパさんや友人がいる心強さ、そしてお医者さんや看護師さんのあの何とも言えない人の心をほぐしてくれるような雰囲気のおかげかなと思います。

ありがたいです。

体重6キロ減、でもまだまだ気持ちにエネルギーが充満しているのを感じます。

これならいけるかも!!!(笑) いける!


🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲🌲
ロンドン西部イーリング地区で
           セラピーヒーリングと家庭教師をやっています。


連絡先アドレス: harunokotherapy@gmail.com  (Miwako)
または、ホームページ内の連絡先よりご連絡ください。
Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです


女性のための電話相談、ボイスマルシェにも参加しています。一人で悩まないで、お電話ください。  
右画面の私の写真付きのところをクリックしてください(私のホームページからも行けます)
【私も専門家として参加しています】

私も参加している『ボイスマルシェ』では、
創業以来、プロの専門カウンセリングを、女性の誰もが気軽に受けられる
仕組みを提供することで、女性の人生の転機を支援してまいりました。

女性の皆様の人生の転機や、日々の想いに対して、
納得のいく選択のお手伝いをさせてください。
誰か詳しい人に、意見を聞きたくなったり、
モヤモヤしたものを解消したくなったら。
話を聞いてもらえるプロを頼ってください。
55分で明日が変わる、人生を変える。
女性限定、大人のための電話相談「ボイスマルシェ」では私を含めて約300名の
カウンセラー、コーチ、セラピストがお待ちしてます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中