FC2ブログ

Entries

スペイン旅行 ② シエラネバダ国立公園 山編


グラナダ滞在中、2日間は郊外のシエラネバダ国立公園の山や渓谷へ出かけてきました。

今日は、その山編。シエラネバダ山脈

グラナダのバスセンターから朝9時過ぎ、長距離バスに乗ること約1時間。
     
シエラネバダ山脈はAlcazaba 3,366メートル、Mulhacen 3,481メートル、Veleta 3,398メートルなど3000メートル級の山々が連なる場所です。

この日は、出発時から人の親切に助けられました。

この山に行く便は、行きも帰りも1日1便のみ。夕方は帰り5時です。


このバスに乗れなければ今日はいけないし、行っても帰りの便に乗れなければ戻ってこれないし、しかも3000メートル級の夏の山ってどんな感じかわからない・・とちょっと私は内心一人でどきどきしておりました・・・。

チケットを買って、待合室で待っていたのですが出発ゲートや時間を知らせる電光掲示板に私たちの乗車する便が載っていませんでした。きっと時間が来たら出てくるよねと気長に待っていたのですが、マドリードの方へ帰るというスペインに在住している感じの日本人の方が声をかけてくれて、この掲示板は今壊れているみたいだからと、もう一つの掲示板の場所を教えてくれて、無事バスに乗り遅れることもなく乗車できました。

声をかけてもらえて本当に助かりました。

グラナダ市内から1時間かかるかかからないほどでみるみる風景は広大な自然に変化していき、気温も10度台へとみるみる下がっていきました。

DSC_0240_convert_20150827194515.jpg  DSC_0241_convert_20150827194651.jpg  DSC_0246_convert_20150827194907.jpg


     
私の耳も飛行機に乗った時のあのツーンとくる感じ・・・。

行く場所の情報が少なかったこともあり、運転手さんとも言葉が通じず降りたいところを伝えていたのですが、バスに乗って降り立った場所はどうも違う山だったみたいで、そばにあるインフォメーションセンターに行ってみるとラッキーに英語を話すガイドさんが。

話を聞くと、どうも私たちは違う山に来てしまったみたいで、一度ここを下山して、2つ目の村まで降りるように教えてくれました。

天気もいいし、目の前に広がる風景も素晴らしいし、まだこの日の旅は始まったばかり。先を見るとちょっと長い道のりには感じましたが、とっても気持ちよく道路に沿って歩いて下山することに。ハプニングですが、なんだか3人、いい眺めだねーと言いながら写真をとりながらゆっくり下山していました・・・。
 DSC_0259_convert_20150827195320.jpg  DSC_0253_convert_20150827195204.jpg  DSC_0252_convert_20150827195023.jpg



すると!!!

どのくらいたったころか、私たちが歩いていたら、道路の真ん中で仕事を終えた長距離バスが私たちの横に止まってきたんです!!!

私は気づかなかったのですが、パパさんと息子が振り向くと、手を振ってバスに乗りなさいと手招きをしてくれていたとか。
こんなことがあるんですね。

バスはもちろん私たちだけ。
DSC_0263_convert_20150827195512.jpg

言葉はスペイン語なので全く通じないし、私たちがどこに行くかも行ってないのですが、自然とバスの運転手さんは私たちが目指している2つ下の村まで連れて行ってくれておろしてくれました。

そのときに、帰りのバスはここではなくてこの広場の向こう側だよ(スペイン語だけどきっとこんな感じだったと思う)・・・というニュアンスのことまで教えてくれて戻っていきました。

DSC_0266_convert_20150827195627.jpg

ほんとうに何度も笑顔でありがとうと伝えました~

私たちが行きたいところがよく分かったなぁと不思議な気もしましたが・・・

きっと私たち3人がその道路をその時間に下っている・・というのですぐにわかってくれたのかもしれません。

それにしても、これもまた予想もしない嬉しい出来事でした。

実は、グラナダについた初日も降りる場所を過ぎてしまっていたみたいで、運転手さんがバスを降りた後の私たちを見てバスのクラクションを鳴らしてくれて、運転席から手振りで行く方向を教えてくれたことがありました。

なんだかみんな人情があります。

目的地の村は標高2100メートルのPradollano。冬場がメインでスキー場としてにぎわう場所のようです。ここらかロープウエーでBorreguilesへ、そして更にスキーリフトを使って、3100メートルまで登って、そこから laguna de las Yeguasまで尾根を伝い歩いて、そのあとは再びBorreguilesまで風景を眺めながら歩いて下山していくコースです。

DSC_0273_convert_20150827195816.jpg

ここから逆に3,398メートルのVeletaまで歩くコースもあるので、この村に宿泊していればゆっくり山登りも楽しめます。
途中大きな岩がごつごつしていて、その間を清水が湧き出ていて、流れる水音やお水のおいしさにも癒されながら歩きました。

DSC_0166_convert_20150827195941.jpg  DSC_0165_convert_20150827200057.jpg  DSC_0167_convert_20150827200205.jpg DSC_0301_convert_20150827200332.jpg  DSC_0318_convert_20150827200447.jpg

 
         
湖もあり途中、苔もいろんな場所できれいな色で生育していて、水が豊かに大地にながれているんだなぁと感じました。
 DSC_0312_convert_20150827200614.jpg  
 
息子も、そんな自然に反応したのか楽しい~と生き生きを動き回っていました~(笑)
歩き終わった後の一杯もおいしかったです~
DSC_0381_convert_20150827200858.jpg

次回は、渓谷編をアップ予定です。

************************************************
2015年8月今月より、「大人の女性のための電話相談」ボイスマルシェを運営するバーナャカウダ(株)様からご縁をいただき、相談員としてボイスマルシェに参加しました。もちろん、引き続き個人セッションはこちらで行っています。

こちらに関する記事を書いたブログは「ボイスマルシェの相談員として活動します!」をクリックしてご覧ください。

***********************************************
ロンドン西部イーリング地区で
           セラピーヒーリングと家庭教師をやっています。


 連絡先アドレス: harunokotherapy@gmail.com  (Miwako)
または、ホームページ内の連絡先よりご連絡ください。
Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中