FC2ブログ

Entries

選んだ職業

私の祖父の家は酒屋だ。

 幼いころから、長期の休みに入ると毎年手伝いに行った。ビールびん磨きや箱作り、のしを張ったり、一緒に配達について行ったり、お昼は一緒に食事をとり、ちょっとのお昼寝時間、そしてまた仕事のお手伝い・・・。とても楽しい体験だった。そのほかにも祖父母は働き者で、私が覚えていることは、豆腐をつくったり、厚揚げを作って売ったり・・・。そのような場面を見て、孫ながら子供の目線でわくわくしていた。働いた分のお駄賃もきちんともらえた。ここで、お金は、働いてもらうものだという感覚が身につき、今の私に大いに役に立っている。

 その祖父が選んだ酒屋という仕事に、大きな意味があることを今になって知った。

 ロンドンに来てからいろいろ起こった出来事で、どうしても?のことがあった。いくら動いても、尽くしてみても、どうしても効かないのである。普通なら、もう動き始めてもいいはずなのに・・・・?

 これが最初のきっかけで、初めてミディアムのゆかさんのところへ駆け込んだのだが、そこでその祖父があらわれてくれた。

 「お酒は、時間をかけて成熟するものであって、人が成長していくのもお酒と同じ時間がかかる。プツプツと泡が立ち、徐々に発酵していって酒は透明になる。人も酒も成熟したときの旨味は同じだ。」「お酒が時間をかけてできるのを辛抱強く待つように、辛抱強く待ちなさい。辛抱強くその人の変化を待ちなさい。」

 まだ、数年は辛抱強く待たなければいけないのは大変だが、これも私の学びの一つのようだ。

 
 
 ・・・ここで祖父=祖父の仕事(酒屋)が初めて意味あるものに思えた。

 ・・・おじいちゃんは、生前、偶然仕事として酒屋を選んだのではない。人と酒、意味があってその仕事を自分でやろうと思って生前この世に生まれてきたんだ。だから、今でも孫が悩んでいると、その酒を使って人生を教えてくれるんだ。

 話を聞いていて、ふと思った。

・・・すると、私の今まで選んできた職業も私にとって意味があるはず・・・。私だけでなく、きっとみんなそれぞれ自分が選んだ職業には意味があるんだ・・・。

 そうやって、なぞなぞを解くみたいに考えていくと、また一つ自分のことが分かってきそうでおもしろい。



 前世療法のセッション(110分)を通して、自分自身を見つめなおしてみませんか?前向きに生活していけるよう心のお手伝いをします。ご興味のある方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
miwako_tgw@yahoo.co.jp
 


 
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中