FC2ブログ

Entries

スピリチュアル・ガイド(守護霊・スピリチュアルガイド)


 ブライアン・ワイス博士の本を読んでいて、どうしても試してみたい、自分で確認したいと思うことがあり、友人に頼んでクライアントさん役になってもらったことがある。

 それはなにかというと、ワイス博士は、ある時期からクライアントさんのもとに表れるスピリチュアル・ガイドから、博士へのメッセージを受け取っている。ほんとにそんなことができるのか?という疑問だった。クライアントさんのために降りてくるスピリチュアル・ガイドが果たして、ほかの人にまでメッセージを渡すのか?

 誘導後、彼女のもとにスピリチュアル・ガイドがあらわれ、彼女にメッセージを伝え始めた。

 ここからが私の本題だった。彼女のメッセージの後に、「わたしmiwakoにも何かメッセージをもらえることができますか?」と尋ねてみた。

 すると、メッセージが彼女の口を通してやってきた。

 「うちのパパさんの体調がよくないというのである。」そういえば、私は前日あたりにパパさんが布団に横になっている夢は見ていた。でも気にしていなかった。しかし、スピリチュアル・ガイドが、友人に野菜を細かく刻んでいる映像を見せていたらしく、私に、「野菜を刻むときに私の気を入れて、少し手の込んだ料理を作ってあげて・・・」というのだ。

 以前は、自分でいうのもなんだが、結構時間をかけて手の込んだものを作っていた。しかし、このところ、自分の仕事を理由に「簡単に早くできるのも」ばかり作っていた気がした。・・・神様にみられていた!?のかしら。

 このセッションを終えた後、さっそくその日の夕食から、いろんな野菜を使って刻んで手料理を作ってみた。刻みながら、しっかり私の「気」を入れました!
 
 ところが・・・次の日からパパが熱を出した。しかも高熱。「えっ、これって偶然??」

 夫婦で「きっとインフルエンザだよね。」と話していたが、熱は一向に下がらず、上がるばかり。体の痛みも激しく、解熱剤もきかない。耐えかねたパパさんは高熱4日ほどして夜中に病院へ。行くと、即「入院」!!
脱水症状にもなっていたらしい。

 生まれてはじめての数日間入院となった。

 ワイス博士と同じようにメッセージは受け取れたし、しかもスピリチュアル・ガイドからのメッセージが本当だったことに驚いた。

 前世療法の手法は多岐にわたるが、このスピリチュアル・ガイドを招くというのも、セッションの一つだ。ここから気づきやメッセージにつながることもある。

 今回は、私への気づきもあったが、パパさんの気づきもかなりあった。体へのいたわり。そして、周りへのいたわり。無理をし過ぎたのもあるけれど、パパ本人曰く「どうも、自分で痛い目にあわないと気付かないらしい。」と。

 こんな形での気づきでもいいと思う。これが前向きな生活に変わっていけば。

 ・・ということで、昨年のクリスマス時期は年末息子と2人で病院通いをしてました。これも、思い出です^^;


ご興味のある方は以下のメールアドレスまでお問い合わせください。
miwako_tgw@yahoo.co.jp
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中