FC2ブログ

Entries

ゼロに戻る




癒しの涙が出た後は、心身ともにリラックスしたのか、また心の奥から元気エネルギーがじわじわと顔を出し始めました。
根拠もないのですが、前向きな「なんとかなるさ」感もわいてきます。

そして、新たな気づきの中で、やっぱり「ホ・オポノポノ」のキーワードが立て続けにやってきてくれる意味に日々納得。

ここ数話のブログで、ホ・オポノポノのことについて少しふれました。

自分でもワークなどをやっていくうちに、更に今の私に必要なことが見えてきました。

今目の前に見せてもらっている問題は、私にあることを気づかせるために出てきていること。そして、この過程を通して考えたり、悩んだり、思ったり、すべての出来事が将来の私のためになるんです。
それは、前のブログでも気づいたこととして書いています。

しかし、

わかってはいても、当たり前ですが、問題を目の前にしてそういうことに感謝の気持ちを込めて素直に受け入れることは、正直やはり難しかったです。

前の話の癒しの涙ではありませんが、

自分をまず大切にして癒し始めたら、
そのあとから、なんだか気持ちに変化が出てきました。

肩の力が少し抜けたというか・・・

そして思ったことは、外野がざわざわしていても、ぶれない自分でいることとゼロの立場にたつ大切さです。

ゼロの場に立てれば本来の姿、役割が全うできる。ブッダも、「空」になったら悟りがあるとも言っています。こうなってほしい、ああなってほしいというのは自分の執着なので、それを手放してどっちでもいいというゼロの状態になった時に、本当に世の中にとって一番いい方向に物事がうごきはじめるのです。(ヒューレンさんの著書「みんなが幸せになれるホ・オポノポノ」より)

ゼロの立場にたつということは、ポジティブもネガティブも良いこと悪いこともないゼロの状態。

世界は一つでも、国や人々は様々で、いろんな環境に風習に、家庭環境に・・・とそれぞれ一人一人そだつなかで物差しが違います。だらかこれが正しいとか間違っている、こちらが黒であっちが白、これは公平不公平・・・と一つ一つ判断したりこのことにばかり視点が向いてしまうと前に進めませんし、今やるべきことが見えなくなってしまいます。

自分の中の潜在意識の記憶に振り回されないためには、ジャッジの必要もないのです。

ですから、世の中いろいろあるんだ、いろんな人がいるんだ~こんなこともある程度はしかたがないよね~くらいの心に余裕をもっていくしかないですね~。

そして、そんな場面でも自分にとって真実に気づいて、ぶれずに気持ちに正直に生きることが大切ですね。
がんばります~。


ロンドン西部イーリング地区で
           セラピーヒーリングと家庭教師をやっています。


初伝コース2日間(前期1,2,3)もご希望に応じて開催します。
ホームページ欄「"ようこそ、春の子Miwakoのホームページへ」をクリックしてご覧ください。

お問い合わせ:miwako_tgw@yahoo.co.jp

関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中