FC2ブログ

Entries

突然の一時帰国




12月の上旬、父の体調の関係で私一人、短期だけれど一時帰国してきました。

パパさんの仕事は忙しい時期でしかも息子の学校はまだあるし、私の仕事もあるため悩みましたが、やはり今のタイミングでないと・・・と職場にも急きょお願いしての一時帰国となりました。

今回は、私の心が素直に日本へ、父へ母へと向いたからです。

この出来事は、私にとって意味のある忘れられない出来事になりました。

今まで結婚してから、私が一人家族を離れて1週間以上も帰省をしたのも初めて。また、私が一人で、両親と1週間以上も3人で過ごしたこともこれは独身の時からしても初めてだったかもしれません。しかも、おだやかな気持ちで。

この一時帰国で、息子の成長も感じました。日本が大好きな息子なので、冬休みであれば一緒に帰国したに違いないのですが、時期が時期だけにお留守番。朝7時のバスに乗って毎朝学校へ通い、帰りも5時半前後。その息子が、年末仕事がかなり忙しくなっているパパさんと二人で、協力し合ってこの期間を過ごしてくれました。

父は、今回手術をしたのですが術後の経過が悪く、再度再手術へ。このようになる前は、頑強な体と体力の持ち主で、50代のころにも30代の体力の持ち主とお医者から言われたくらいの元気者で、2桁ジョギングに腹筋、背筋などやったりダンベル持ち上げたり・・・とそれがかえって私のような子供のころよく熱発する子の気持ちはわからず具合が悪くなると怒られる・・・なんてこともあり昔は困ったこともあったのですが・・・(笑)

ですから、「俺は誰の手も借りんで生きていけるんじゃ~」といつも豪語してました。

しかし、術後は気力だけで生きているような母の助けがないと普段の生活ができなくなってしまいました。

これは父にとってはかなりのショックだっただろうことが、帰省をして感じられました。

この滞在中、駅で母に久しぶり会ったとき、そのあと直接病院へ行き父と面会したとき、不思議な感覚を味わいました。

二人ともとびきりの笑顔で私を迎えてくれたんです。

その後、私の滞在中にお医者さんに無理を言って退院手続き手続きをした父が自宅に戻ってきて、3人の生活が始まりました。

信じられないくらい、自然に笑顔が出る私がいて、親子3人ほんとに笑顔がたえませんでした。私の言葉にも素直に耳を傾けてくれました。妹が1日戻ってきたとき、父が私の名前を笑顔で呼ぶ様子を見て、生まれて初めて見たと驚いたくらい和やかな雰囲気でした。

この私のブログを最初から読んでくださっている方なら驚くかもしれません。

私は、生まれてからつい最近まで両親、家族と関係がよくなく、そのパターンが過去世がらみだったことも前世療法だけでなく、数人のミディアムさんやリーディングの先生を通してわかったりと、小さいころからの家族との生活が私の心の傷の深い一つになっていました。

今までに出会った信頼できるヒーラーの皆さんのおかげで、徐々に心の解放がはじまり、それが私のきょうだいや両親の変化へと徐々になっていたことも、以前のブログには自身の体験談で書いています。それがこのセラピーの仕事をするきっかけともなっていますが。

そして、この滞在中、突然と母が今までのことを謝ってくれたのです。

もう、今の私にはそのような言葉は必要ではありませんでしたし、そんな言葉を母親から聞くことも予想もしていませんでした。

私にとっては、今までで初めて見るかもしれないショックを受けている父の側に少しだけでもいることが出来、小さくなったなぁと感じた母が父の世話もすることになったので母にも長生きしてほしいと声を直接かけたかったのです。そして、娘とお出かけしてみたいと常々いっていた母の願いをこの一時帰国で叶えてあげられたら、そんな心の底から湧いた気持ちからもどってきたのです。

自分の気持ちに正直になって、頭ではなく心を使って自分を信じて物事を進めることがいかに大事か、今回のことで学んだきがします。

この流れに、ほんとうに感謝します。

関連記事
スポンサーサイト



コメント:

Re: 時 

コメントありがとうございます。今の笑顔があるのは、今までのいろんな時を体験してきたから。そう言える今日この頃がとても幸せですね。
  • londonharunoko 
  • URL 
  • 2015-01-12 19時59分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中