FC2ブログ

Entries

ブライアン・ワイス博士のワークショップに参加して1

ワイス博士

アメリカの精神科医ブライアン・L・ワイス博士が1988年に出版して世界的なベストセラーとなった「Many Lives, Many Masters 」(日本語版は‘前世療法’)という本をきっかけに前世療法が広く知られるようになりました。

そのワイス博士のワークショップが先日ロンドンで行われ、参加してきました。

彼のワークショップに参加するのは初めて。

ドキドキ緊張しながら、始まりを待ち、いよいよワイス博士が登場。初めて直に声を聞いたのですが、柔らかい口調と穏やかさが印象的で、まだお話の途中なのになんだか心地よくなる感じでした。

この日いくつかあったセッションの中で、私が一番気になっていたセッションを今回体験できました。

サイコメトリーと言われるものです。

直観磨きのようなものかもしれません。

私たちの感覚は、日ごろの便利な生活で鈍ったり、埋もれてしまったり、退化してしまったのでは?と思うような時もありますが、もともと鋭いものを持っていると思います。ですから、その感覚を磨けば磨くほど、研ぎ澄まされていきます。

靈氣でも、そうです。靈氣は特別な人が持っているパワーではなく、だれでももともと生まれ持っているもの。これも、つまってしまっている回路を流れをよくして澄んだものにしていくことで、どんどん敏感になっていきます。

このセッションでは2人組になるのですが、私はイギリス人の方とご縁がありました。

お互いに持ち物を交換して、掌に載せて、リラックスした状態で少し誘導が入りました。

そのあとは、意識をその掌に載せたものに集中していくんです・・・。

時間はたったの5分。

浮かんでくるものは様々なようです。

私は相手のブレスレットを持ちました。

ブレスレットが光を放ち周り、その周りにある女性の物語が映像で浮かびました。最初は昼間の原っぱで、風が吹く中20代くらいの女性が登場する場面。そのあと、赤ちゃんがちょうど生まれて、夫婦で赤ちゃんを幸せそうに見ている場面、次に、まだ結婚前のカップルの時の場面、これは夕方海辺で2人で寄りかかりながら夕日を眺めている場面・・。

たった5分間の間にある女性の人生をさかのぼっているような体験をしました。

相手の方には、私は指輪を渡しました。日本で働いているころからずっとつけている指輪です。

彼女は、私にイタリアのベニスが見えるといいました。そして、ふんわりしたドレスに傘を差し、だれかもう一人の女性と歩いていると。そして、次の場面は、ベニスではないといいましたが、やはりこれも水辺だそうです。今度は、小舟がたくさん浮かんで、人も結構乗っている場面。そのうち船が横転しているというのです!!!というのです。私はそれを聞いて「えっ?私沈むの?」と思っていたら、「あなたは安全なのよ。大丈夫なのよ」と。

そして、彼女から、「あなたは結構守られたり助かることが多いの?」と聞かれました。

そうなんです・・・。

初めての過去世セッション体験でも、村が襲撃にあった中、子供の私一人生き残った映像が浮かびました。

その後も、隠れキリシタンかもしれなかった過去世でも、その時の父親と2人生き残り逃げ切りました。

いくつか、そうやって生き残り過去世体験をしました・・・。

そして、今世も20代前後のころ手相を見てくれた方から、「あなたは九死に一生を得る手相ね」と言われたことも・・・。

今世も、必要のない場面でもサバイバル機能が体の中に残っていて生活に支障をきたす場面もありましたが・・・。(笑)

身に着けているもの一つでも、いろんな意味があったりするんですね。

私の指輪はラピスラズリです。パワーストーンの意味を知らないうちから好きでした。この石の意味の一つは「魔除けや危険を回避」

無意識に自分を守ってくれる石を身に着けていたわけです。

面白いですね~

今度、このような直観磨きのセッションもやってみたいと思います。



ロンドン西部イーリング地区で
           セラピーヒーリングと家庭教師をやっています。


それから、まだ靈氣モニターさんの募集’もしています。(詳しくはこちらをクリックしてください。「"靈氣(れいき)について"」)

そのほか、前世・催眠療法やお子様の家庭教師など詳しくはこちらホームページ欄「ようこそ、春の子Miwakoのホームページへ」をクリックしてご覧ください。


お問い合わせ: miwako_tgw@yahoo.co.jp
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中