FC2ブログ

Entries

宇宙からやってきた

今日も、久しぶりの再会。

ママ友

2、3年ぶりくらかな?

もともとは、息子がナーサリー(3歳のころ)に同じクラスになったのがご縁のかた。

ということは、かれこれ10年近く・・・

昔から話しやすくて、私のこの英語でもフィーリングで聞き取ってくれる。(笑)

お互い息子は違うセカンダリーへ行ったけど、忘れたころに、「元気にしてる~」と、テキストをくれていた。

今回も、久しぶりにテキストを受け取ったのです。

「久しぶりMiwakoのことを思い出したの。何してるかなぁって。元気にしてる?会いましょう~」

最近英語をほとんど話していない私としては、「大丈夫かなぁ・・・」なんて思っていたけど、会ってみると、この私のブロークン英語でも話はつきないつきない・・・。

そんななか、向こうから、「ちょっとね不思議なことがあったのよ~。」と話しが始まった。

あまりにも盛りだくさんな不思議体験の話で、本人も半信半疑驚いていたけど、なんだか今日は彼女と会うようなめぐりあわせになっていたんだな・・・なんて話を聞きながら感じたりもした。

お母様が数年前に亡くなり、そのとき形見分けでうけとった荷物をその当時ゆっくりあける気持ちになれなかった。でも、今回、「母親の夢を見て声が聞こえた・・・」という彼女。聞こえただけでもかなり「えっ、何っ?」と驚いたみたいだけれど・・・。そしてあけてみると、生前の知らなかったお母さんの側面を見ることができた、と話してくれた。

お母様の形見の中に、ヒプノシス(催眠療法)に関する本が出てきたというのです。

そんなことになる話の前に、会話のなかで私が靈氣以外に、ヒプノもやっている話をしたら、向こうが驚いてその話をしてくれた。

そして、偶然にも先週ブライアンワイス博士のワークショップに参加した時に買った英語での前世療法の本「Many Lives、Many Masters」を彼女に貸すことになった。

まさかこんな流れになるとは思いもよらなかった…。

そして、今日のブログのタイトルの「宇宙からやってきた」ですが・・・

その彼女には3人のお子さんがいるのですが、みんな、生まれる前にどこにいたか、18か月から2歳になるころにそれぞれが話をしてくれた、というのです。

それは・・・

僕は「Pluto」(冥王星)から来たんだよ。

次のお子さんは、「Mars」(火星)から来たんだよ。

一番下のお子さんは、まだ18か月の時だったそうです。月を指さして「Home」と何度も言ったそうです。その時「ムーン」とうまく言えずに、「ブーン、ブーン」「ホオム」・・
満月

月から来たというのです。

まだ惑星のこともよくわからない小さに子供が素直にその時のことを話してくれ、母親である彼女も「変なこと言わないで!」なんて言うこともなく、素直に話を聞いたそうです。
そして、お子様それぞれのキャラクターに、その惑星当時の影響かしら・・・と思えることもあると楽しそうに話してくれました。

そして、その中の一人のお子さんが言ったそうです。このお母さんとお父さんがいいと思って生まれてきたんだよ・・・と。

今世は、宇宙から、地球のお母さんとお父さんを選んでかれらは生まれてきてくれたのでした。

ロンドン西部イーリング地区で
           セラピーヒーリングと家庭教師をやっています。

それから、まだ靈氣モニターさんの募集’もしています。(詳しくはこちらをクリックしてください。「"靈氣(れいき)について"」)

そのほか、"前世・催眠療法やお子様の家庭教師など詳しくはこちらホームページ欄「ようこそ、春の子Miwakoのホームページへ」をクリック"してご覧ください。


お問い合わせ: miwako_tgw@yahoo.co.jp
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中