FC2ブログ

Entries

魔法のお皿!?ご飯を食べるようになる方法。


2歳になるお子さんを持つお母さまがいました。

お母さまの悩みは、子供が家でご飯を食べないこと。

仕事をお休みして、自宅にいるようになったこの半年でお子さんの様子に気づいたようでした。

普段はナーサリーに預けていて、そこで出てくるサンドイッチやピザトースト、シェパーズパイやフィッシュシンガーなどは食べているらしいのです。

しかし、家ではご飯には口を付けず、チョコやジュース、ポテトフライや人参くらい、たまにグリーンピースをゆでたものやバナナなど・・・。しかし、その野菜も食べたり食べなかったり。

お母さまは、「私の料理がまずいのでは・・・」とずっと悩んでいた様子。

でも、やっぱりご飯は食べてほしい・・・

お母様もあの手この手で、お弁当箱も好きなキャラクターに変えてみたり・・・

しかし、

お弁当日に、キティーちゃんお弁当箱にいれても、おかず半分、ご飯はそのまま残してくる・・・らしいのです。

その後、そのお宅にミッキーの形のお皿を譲る機会があったのですが、その後のお話を伺ってびっくり。

実は、その女の子はミニーちゃんが大好きで、そのお皿が舞い込んできて以来これを「わたしのミニーちゃんのおさら」といって、このお皿の顔の部分や耳の形のところにご飯や野菜をのせるとなんと食べるようになったというのです。

さらに、今まで食べなかったお肉も少しですが食べるようになり、まだ野菜など残っているお皿を下げようとすると「キャロット!」といって、お皿を戻して食べるらしいのです。

そしてその流れからなのか、キティーちゃん弁当箱に詰めて持たせても、食べるようになってきたというのです。

お母様もこの変化にびっくり!

子供がご飯を食べるようになる方法って、意外なところにもあるようです。


ロンドン西部イーリング地区で
           セラピーヒーリングと家庭教師をやっています。


詳しくはブログのなかのホームページ欄「"ようこそ、春の子Miwakoのホームページへ」をクリックしてご覧ください。


連絡先:miwako_tgw@yahoo.co.jp

 
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中