FC2ブログ

Entries

西洋靈氣と直伝靈氣

光陰矢の如し。気づけばもう12月。

2013年もあっという間になってしまいました。

先月から今月は、また新しいものを勉強する機会に恵まれました。

私は現在、催眠退行のセッション(前世・未来世を含む)のほかに霊気ヒーリングも行っています。こちらで西洋靈氣を学びました。

今回は直伝靈氣にご縁があって、受講してきました。

西洋靈氣を勉強したときに、靈氣の発祥の地は日本だと聞いて驚きましたが、ずっと、日本の伝統的な靈氣はどのようなものか興味がありました。

そんな気持ちが通じたのか、少しずつ目に見えない導きがあり、今回はきちんとサインを見落とすことなく通り過ぎることなくたどりつくことができました。

いつもいろんなサインを見落としそうになっていると、必ず会うようになる人とは再会する場面を作ってくれるんですね。きっと上のほうから見ているガイドさんたちは、はらはらしていたのかもしれません。(笑)

これは人に限ったことではなく、物事でも同じなのですが・・・。

話はそれてしまいましたが・・・

今回受講してみて大満足。もっといろいろ勉強してみたくなりました。

靈氣はもともと1920年代に臼井甕男先生が悟った境地から得たものです。人生における悩みや失敗などいろんな体験をとおして最後は「なぜここにいるのか」「人生とは」「人生の目的とは」・・・と人生を悩むなかで最後は鞍馬山にこもって断食瞑想。そこで悟りの境地に至り、自分に起こった癒しの体験を人々へ伝えそれが形にして残っているもの。

直伝靈氣は、その臼井先生の直弟子である林忠次郎先生の流れをくむもの。直接林先生に指導を受けた山口千代子先生が生前、林先生から引き継いだものを現在息子さんの忠夫先生が伝えられているということでした。

私が今回受講させていただいた先生は田中先生。とても明るく、お若くて元気な女性の先生で、イギリスでご活躍されているかたです。話を聞きながらとても誠実な人柄を感じ、靈氣についてもとてもわかりやすい説明でさらに靈氣についての興味がわきました。

靈氣を家族に使えるのならこんな便利なものはない、と思い自分も癒し相手も癒すこともできる靈氣を学んだのが数年前。肉体レベルから感情レベルまで癒しが届いていくのを実感してきました。

その靈氣の源に近い存在の直伝靈氣に触れ、そのシンプルさと力強さ、実用の幅の広さを改めて感じるとともに、時代的にも戦争もあった時代で、そのなかで靈氣がどのように人々とともに生活の中に入り広がっていったのかも、話を聞いてなんだか納得できました。また、最初に縁のあった西洋靈氣のルーツも改めて感じることもできました。

これからさらに、自分自身ステップアップしていくために、しばらくこの靈氣のケーススタディをお願いしています。もしご興味がある方は、この以下のメールへご連絡ください。

引き続き催眠退行(前世療法・未来世療法も含む)も行っております。来年からのセッションの受け付けもしておりますのでこちらもご連絡お待ちしております。

ロンドン西部でレイキヒーリングや催眠・前世・未来世療法を行っています。
ご興味のある方はご連絡ください。 
  
その他、妊婦さんのためリラクゼーション、インナーチャイルド、中間世体験、スピリチュアルガイドを招く、
心と体の対話、サブパーソナリティーに会う、胎児退行、年齢退行、サンクチュアリ体験、グラウンディング、 感情や思い込みのヒーリング、未来世セッションなど・・・。

Hypnotherapist & Reiki Healer  Miwako
E-mail: miwako_tgw@yahoo.co.jp
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中