FC2ブログ

Entries

フェアリー体験

 先日、前世療法を勉強しているお友達からクライアントさん役をたのまれてセッションをしてきた。

  今まで私の過去世体験は結構暗い内容ばかりだった。

 初めてやったセッションでは、村を襲われ一人生き残った少年だったり、映像は浮かばなかったものの切られる言葉がキーワードのセッションだったり、奴隷や使われた召使のころ、踊りの師匠に手をつけられ、最後は娘や旦那さんを殺されたり・・・

 これでもか、というくらい結構涙も流した・・・
 ところが、びっくり!

 今回は階段を下りて過去へ向かうやりかたをとった。普通階段を下りていくいき方は恐怖が多いときもある。だけれどそのときのわたしはまったく感じなかった。階段を一段一段降りながら、途中からすでにドアが少し開いているのが見えていた。まぶしい光が漏れている。

 ドアをあけて向こう側へ入ると、天気のいい野原。周りには数知れないほど多くの動物たち!私をみんな待ってくれていた感じだった。

 ドアを開けて入った瞬間に、以前にも同じ体験があるのだがストーンと下に体が落ちてしまった・・・。

 あっ、まただ!

 でも、あれ???

以前はそのまま落ちて悲しい過去世のストーリーがはじまったのに、今回は羽を広げた妖精たちが、白いふわふわしたベッドの上に横になっている私をベッドごと再び上に連れて上がってきた。

そのまま、素足の私はベッドから降りて多くの動物が見守る中、目の前に広がる1本道をあるところに向かって歩いている。途中湖のような池のような場所に出ると、飛び始めた・・・!

 このとき後ろのほうで見守ってくれているたくさんの動物たちから「頑張れ」エネルギーを感じていた。

 えっ?

だんだん体が小さくなっていき、背中には羽が生えている。最初は蝶のようだと思ったけれど途中からなんだかトンボの羽のようにも見えた。

 洋服はシースルーのような白とピンクのような淡い色のドレスのようなものを着ていた。

水の上を飛びながら、水中から伸びる草の間をぬうように飛んでいく。とびながら後ろには金色の粉が舞っている・・・。

 妖精だ!!!私は妖精になっている!!!

 髪の毛は金髪のようで長く、髪の毛には蝶の形の髪飾りや他のかわいい小物をところどころつけている・・・。

 しばらくすると、向こう岸についた。何か目的があってここに来たのは感じていたが、まだはっきり何をするのかそのときはわからなかった。土でできたドアが見え、ここからどこかにはいるのかと思いきや、横から「そこではないよ、こっちだよ」と手招きされた。

 声のするほうにいくと、あの宮崎駿さんの映画にでてくるような木霊(こだま)が数人いた。そこではじめて自分が何をしに来たのか感じた。そして、木霊を守る自分の役割を果たし、再び先ほどの向こう岸にもどていった。

 もどってみると、先ほど緊張気味に見守っていた動物たちがリラックスした感じで私を「よくやったね。頑張ったね、」「ブラボー」?などいろんなねぎらいと歓迎のことばをたくさんかけてくれて近寄ってきた。

 このとき、なんだか自分で笑いがこみ上げた。

 な~んだ、みんなここにいる動物さんたちはすべて知っていたんだ。   

 今でも思い出すと一人で笑ってしまう、なんとも幸せで楽しいセッションでした。


ロンドン西部でレイキヒーリングや催眠・前世・未来世療法を行っています。
ご興味のある方はご連絡ください。
 
  
その他、妊婦さんのためリラクゼーション、インナーチャイルド、中間世体験、スピリチュアルガイドを招く、
心と体の対話、サブパーソナリティーに会う、胎児退行、年齢退行、サンクチュアリ体験、グラウンディング、 感情や思い込みのヒーリング、未来世セッションなど・・・。


Hypnotherapist & Reiki Healer  Miwako
E-mail: miwako_tgw@yahoo.co.jp
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中