FC2ブログ

Entries

光の玉オーブ

スペイン旅行の話の続きです。

今回は光の玉オーブ写真。・・・といっていいのかな?

一説によると、「霊の魂」「守護霊」「精霊」が形を変えて写真に映り込んでいるといわれています。私たちをサポートしてくれるスピリチュアルな集まりなのだそうです。

小学生のころにもある時期、すごい光や色が写りこむ写真が何枚も取れたことがありました。そのときは、写真の撮り方失敗したのかな~くらいにしか思っていませんでした。

でも、きっとそのころも何かメッセージだったんだろうと今は思う。

今回の旅では、「写真撮影を失敗したと思っても削除しないでね。」と一言息子やパパさんにもお願いしていました。

今回は数は多くないけれど、ホテルの階段で撮ってもらった写真や、部屋の中の写真、トレドの旧市街の路地で両手を広げて写った写真に写っている。路地での写真はかなり大きく写ってる。
オーブ1 
(私の左腕のところやそのオーブの上側に茶色いドアと重なってしまっていますがあります。それと足元階段を1段下がったところなど)

オーブ2
(一番奥のベッドの中央からやや左の壁あたりと、そのベッドの横の壁にくっついているライトの先のほう)実はここにはこの写真で見えない、さらにちっちゃい金色っぽいものも光っています)

29.jpg
 
 
実は、この旅行中部屋鳴りも就寝中に特にありました。初日初めて部屋に入った感じはまったく悪くないし、おかしいと私はすぐに気づくので、きっとこの音もこの旅行を喜んでくれているんだろうな~と思いながら寝ていました。

このオーブの写真をみると部屋で鳴っていた音も含めて、旅行中の私たち家族を守ってくれている気がしてなりません。

・・・そのオーブの一人はきっとおじいちゃんかも・・・

旅行最終日の夜、夢を見ました。でも、リアルな感じ。おじいちゃんが目の前にいて、何か会話を交わしているんだけど、とにかく大きな口をあけて「わっはっは・・・」と会話するたびに笑顔で笑っているのが印象的。

そのおじいちゃんに向かって、一緒にいた息子(夢の中では現在の年齢よりもまだ小さくなっていた)に自分で自己紹介しなさいと私がいうと、息子が自分でフルネームをおじいちゃんにしゃべっているところでした。

次の日の朝、前日右腕のむくみと腰の痛みが気になり始めていたのに、目を覚ますと軽くなっている!?

ありがたい旅行でした~

ロンドン西部でレイキヒーリングや催眠・前世・未来世療法を行っています。
ご興味のある方はご連絡ください。
 
  
その他、妊婦さんのためリラクゼーション、インナーチャイルド、中間世体験、スピリチュアルガイドを招く、
心と体の対話、サブパーソナリティーに会う、胎児退行、年齢退行、サンクチュアリ体験、グラウンディング、 感情や思い込みのヒーリング、未来世セッションなど・・・。


Hypnotherapist & Reiki Healer  Miwako
E-mail: miwako_tgw@yahoo.co.jp
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中