FC2ブログ

Entries

Past Life Therapy(前世療法)について

Past Life Therapy(前世療法)について

 Past Life(前世または過去世)Therapy(療法)とその名のとおり前世療法(過去世療法)のことです。

 アメリカの精神科医ブライアン・L・ワイス博士が1988年に出版して世界的なベストセラーとなった「Many Lives, Many Masters 」(日本語版は‘前世療法’)という本をきっかけに前世療法が広く知られるようになりました。日本では飯田文彦さんの「生きがいの創造」という本でも前世療法のことが書かれています。

 前世療法は催眠療法の一種です。セラピストの誘導によってゆったりとリラックス状態になった中でセッションは進んでいきます。クライアントさん自身は意識もはっきりしていますし、セッションが終わった後も会話も内容もすべて自分で覚えています。

 セッションを通してクライアントさん自身が自分の深い意識(潜在意識)に自分で触れることにより、現在の心の問題が比喩や象徴的な表現を使ってまるで前世のことのように物語として現れてくるのがこの療法の特徴です。

 そのクライアントさん自身から語られた物語から今世、今抱えている問題につながる何層もの意味を見出していく。また、クライアントさん自身も自分自身で心の奥底をに触れることで自然と今世の学びや問題の解決の糸口を見つけたり・・・。そうやって今世をよりよく生きられるように学びや気づきのヒントを増やしていく、また今必要なメッセージを受け取る,そこから自分自身を癒していく・・・そんなお手伝いをするのが私たちセラピストのお仕事です。

 前世療法とは、自分自身を自分で見つめなおしながら現在の心の問題に取り組むためのセラピーなのです。

前世療法を試してみたいと思う動機は様々です。

 興味・関心・好奇心から
 健康問題から(アレルギーになぜ突然なったのか。腰痛になる原因は・・・)
 現状を変えたくてそのヒントに
 人間関係の悩みやご縁(家族、親子、友人、夫婦、恋人・・・。)
 なぜこの世に生まれてきたのか知りたい。(今世のテーマ)
 心の問題(トラウマの解放、癖・・・)
 自己成長したい
 自信を取り戻したい
 ・・・これらはほんの一部になります。人によって動機はさまざま。そこから語られる物語もひとぞれ。
    
 セッションのテーマについて
セッション前のカウンセリングでテーマを決めますが、あるテーマをご本人様が希望されても、実際セッションにはいるとクライアントさん自身の潜在意識が行くべきところを決めます。

実は今必要なクライアントさん自身のテーマは別のことだったりすることもあります。

前世へと誘導してもクライアントさんによっては癒すべき場所は今世のインナーチャイルドであったり、守護霊(スピリチュアルガイド)のもとへ行ったり、 または前世とも未来ともつかない惑星だったり・・・ となることもあります。

     ほんとに不思議な体験ですがご了承ください。


 少しずつの気づきや学びの積み重ねが、自分の心の変化と成長を促します。その変化が周囲へも影響し、周囲も変わっていく・・・その繰り返しがいつしか自然と自分を生きやすくしていることに気づいてくる・・・。

 魔法のようにすぐには目に見えなくても、「なんとかしたい」とセラピーを受けるその気持ちをもって動き出したときからもう変化が始まっています。

 自分を信じて、前向きな今世にするために・・・

Reiki Healing& Past Life Therapy(前世療法) 
E-mail: miwako_tgw@yahoo.co.jp
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中