FC2ブログ

Entries

過去世と体へのメッセージ2

(過去世と体へのメッセージ1の続き)

  セッション開始、早速セラピストさんによる誘導が始まった・・・。

す、すると・・・

 誘導のため目をつぶって深呼吸を始めた瞬間から私の胸元で何度も「助けて!」と女性の声。そのあとセラピストさんの声が4.5文も行かないうちに今度は映像が見え始めた。

 今回は私自身も早い段階で映像が現れ始めたのに驚いた。初めて前世療法のセッションの勉強を始めたときとは大違いだ。

  前のブログで書いた、「年明け早々起こった出来事」と「私の胸のざわめき」に関してだか、セッションをすすめていくうちにある場面が出てきた。

 私は50歳過ぎ?表情は若いのだが、出家している場面があった。(実は私は別の過去世でも出家しているのだが・・・)気持ちは「もうこんな世の中は十分・・・」「もうこんな世の中はいい」。そのときに、出家しているのに、旦那さんと小さい娘がそばにいるのを感じる。最初はどういうことだろう?出家しているのにそばに家族?と不思議に思い、さらにそのことにフォーカスしてみると、旦那さんと娘はもうこの世にいない光となっていることがわかった。光となっていつも私のそばにいてくれていたのだ。それがわかってくる瞬間から、涙がこみ上げてきて私は泣き出した。涙が止まらなかった・・・。

 それを見たセラピストさんは「なぜ旦那さんと娘がすでに光になっているのか、」それがわかる場面へと誘導してくれた。

 誘導される間、急に足元から「ゾクッ」とする悪寒が走った・・・。

「きっと良くないことが起こる・・・」

 ちょっと恐怖心が出てきた・・・

 それと同時に、私の左側の体がしびれ始めた。とくに左手の感覚がしびれてなくなった。それで体に聞いてみたら「はさまれた」と返事が返ってきた。

 いったい何が・・・と思っていると映像が見えてきた。ある人の陰謀によって牛車のような人力車のような木の車の事故で旦那も娘も亡くなったということがうっすらわかってきた。そのとき私は生き残った・・・。

 ここで最初の話にもどるが、この年明け椅子から落ちて床に体を打った衝撃は、この過去世の事故の出来事の再体験だったことにセラピストさんのおかげで気がついた。そのとき感じた痛みを再現したんだと・・・。

 前世療法中にこのように痛みを感じた場合、怖くなってセッションをやめたくなってしまうこともあるが、実はこうなったら解放のチャンスなのである。ここで深呼吸をしながら痛みが癒されるまでしばらくそこへいることによって、潜在意識下に押し込めていた私の場合はあることに対する恐怖心や、それによって引き起こされた痛みなどが徐々に意識下に上がってきて、解放されていったのだ。時間が経つにつれ徐々に痛みやしびれ、震えが消え穏やかになっていった。

 久しぶり内容の濃いセッションだったので疲れもあったが、その後2,3日は自分自身でその先を見たり感じたり、そしてその中から続々と出てくる気づきを整理する日々だった。

 今落ち着いて考えてみると、きっと私はこれを今再体験する必要があったんだと思う

 今世、この過去世で出会った負のエネルギーが近くにあることを知らせ、二度と同じ繰り返しでつながらないように(負のパターンを繰り返さないように)注意を促してくれただけでなく、このときに魂に刻んでしまった恐怖心や悲しみなども手放すように私に気づかせてくれたんだと思う。

 今世私が気づいて自分のところで断ち切ってしまえば、そのカルマは来世には引き継がれない。私自身にも、子供にも孫にも・・・。


 前世療法のセッションを体験してみませんか?自分自身を見つめなおす機会にもなり、気づきにもつながります。この春3月下旬まで若葉料金40ポンドでやっておりますのでご興味のある方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。リラックスしたいという方は、レイキ30ポンドもやっておりますのでご連絡お待ちしております.
miwako_tgw@yahoo.co.jp
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中