FC2ブログ

カテゴリーモード [茶道 ] 記事一覧

4    6月の茶花 あじさい

千利休は、お茶の真意を伝えるために七つの教えを残しています。その一つが、「花は野にあるように」。お茶席の花はできるだけ自然のままの姿でとりいれましょう、という意味です。でも、ただそのまま野原につつましく咲いている花をそのまま持ってかえって花入れに入れたらいい、というわけではないので奥が深いです・・・。6月の季節の茶花にガクアジサイがあります。日本にいる時には、この時期お茶のお稽古に行くと先生のお部...
  • 2018.06.29 
  • TB(-) |
  • CO(0) 

3  6月茶道「雲去青山露」(くも さって せいざん あらわる)

よく茶席でも使われる禅語です。この時期の言葉でもあります。茶道と禅とのかかわりは平安時代末ごろから始まったようです。とはいっても、奈良時代、聖武天皇の時代(729年)に、行茶という儀式が行われていたという資料も残っているようですし、その時に用いられたとされる茶碗が正倉院の御物の中にあります。ですから、そのころは団茶とよばれるものですが、すでに奈良時代に茶を飲む風習は日本へ遣唐使や渡来僧によって伝わっ...
  • 2018.06.27 
  • TB(-) |
  • CO(0) 

13 大腸直腸癌 ( 5月茶道 伊勢物語九段 東下り 歌に隠された暗号)イギリスで癌の告知から復活まで

前のブログで茶道をまた生活の中で復活させたことを書きましたが、また茶道のはなしです。茶道の好きなところは、四季を感じ、またいろんな分野にわたって茶道がつながっているところです。墨蹟、表装、お花、陶磁器、金属・鉄細工品、竹細工・木工芸品、漆器、建築、造園、料理、織物、・・・etcそして文学ともつながっています。だからいろんな方面に興味が尽きないのです(^.^)そういう中で、茶道では季節や趣向に合わせて道具の...
  • 2018.05.30 
  • TB(-) |
  • CO(0) 

12大腸直腸癌 (生活に茶道が戻ってきた!)イギリスで癌の告知から復活まで

今日、お茶仲間を募っていっしょにロンドンのフラットの一室で茶道をやって一服お茶をたてて飲みました。今までもお点前はしなくても、家族や自分にお茶をたてて飲むことはしていたのですが、お茶仲間とちゃんとお点前もやっての茶道は久しぶり。和菓子みたいなものも作ってみて(笑)、浴衣も着て、お部屋もなんとかあるものでセットアップ。 ちょうどこのお稽古をする2日前にお花屋の前を通ったらたぶん菖蒲だと思うけれど売ってい...
  • 2018.05.03 
  • TB(-) |
  • CO(0) 

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。17歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

病気ブログ がん

直腸がん にほんブログ村参加中