Entries

14 大腸直腸癌 ストーマクローズ編( 血液検査&乳がん検査)イギリスで癌の告知から復活までの日々


*発見・告知・手術前まではこちらを。
*手術~入院中はこちら。
*退院後はこちらへ。
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください。
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら
*術後1年2017年3月以降はこちら
*ストーマクローズ手術・術後編はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。6月に入りこちらも新しい記事を更新中。

セラピールームのブログタグ
🌸初めまして
🌲稲垣メソードUK高速感情解放(エモーションフリー)&体験談
10 生まれたときに作ってしまう否定的な信念や思い込みの解放
 9愛されると痛い目に合う
  体験談:夫婦喧嘩や夫婦不和が与える子供への影響
  体験談:息子にイライラしてしまう母親の心の投影
 🌷靈氣&体験談
「五戒」
体験談:お年寄りにも優しいレイキ
体験談:術後すぐの活用
🌹前世・過去世療法(催眠療法)&体験談
 体験談4焚火の炎のゆらぎ
 体験談:ぼくのせいじゃない
🌻子育て・教育
 海外に住みながら日頃の家庭での日本語指導
🍀スピ・セラピー一般
 3自立と依存のカップルの結婚から見える一つの魂の目的
 2スピリチュアルの視点に触れてから
 

・・・他こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog

🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

今日は、病院のはしごでした。簡単なヘルスチェックのためにGPと乳がん検査のために地元の大きい病院へ。

もちろん、ストーマ跡の傷口もチェックしてくれました。
そして、ようやく入浴も解禁になりました!GPにも、もう先の予約の必要もなくなり、身軽になりました~


その後は、定期的に行われている乳がん検査へ。今回は2回目です。以前初めて行ったときは、機械で胸をぎゅっと押されるのがあまりにも強く、ちょっと苦手・・・・でした(笑)

イギリスでは47歳から49歳、70歳以上の女性の中からランダムにお手紙が届いた人には検査のお知らせが来て、私も以前これで初めてお手紙をもらって検査へ行きました。
50歳から70歳の年齢の女性はたぶん全員と思いますが、3年に一度の頻度で検査になります。

ただ、これも受けるか受けないかは自分で決めることができるようです。

久しぶり検査へ行って、あっという間に終了。前回受けた看護師さんよりも上手だった気がします(^.^)

大腸癌も見つかったことだし、こうやっていろいろ他の検査もしてもらえるのはありがたいです。

IMG_1032_convert_20140509002229.jpg


関連記事
スポンサーサイト

13 大腸直腸癌 ストーマクローズ編( ストーマを閉鎖してからの一番うれしい変化)イギリスで癌の告知から復活までの日々


*発見・告知・手術前まではこちらを
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ。
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください。
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら
*術後1年2017年3月以降はこちら
*ストーマクローズ手術・術後編はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。6月に入りこちらも新しい記事を更新中。

セラピールームのブログタグ
🌸初めまして
🌲稲垣メソードUK高速感情解放(エモーションフリー)&体験談
10 生まれたときに作ってしまう否定的な信念や思い込みの解放
 9愛されると痛い目に合う
🌷靈氣&体験談
靈氣「五戒」
体験談:お年寄りにも優しいレイキ
体験談:術後すぐの活用
🌹前世・過去世療法(催眠療法)&体験談
 体験談4焚火の炎のゆらぎ
 体験談3パリに対する違和感がなくなりました。
🌻子育て・教育
 海外に住みながら日頃の家庭での日本語指導
🍀スピ・セラピー一般
 3自立と依存のカップルの結婚から見える一つの魂の目的
 2スピリチュアルの視点に触れてから
 

・・・他こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog

🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

ストーマ閉鎖の手術をしてから一番変わった嬉しいことは睡眠です。

睡眠が確保できるようになりました。

オストメイトとしての14か月間、ほとんど毎夜中起きていました。

最初は、寝る時間をいろいろと変えてみたり、食事の時間をいろいろ調整してみたりとしてみたこともありました。でも、あまり効果が感じられず、結局無理して遅くまで起きてみたり、食事も中途な時間に作って一人で食べてみたり・・・となんだか自分のペースと違うことをして疲れた気がします。途中からは、ガスでパウチがパンパンに張って膨らんでしまって違和感で目が覚める、ということも多かったです。

ストーマ生活の時は、ガスも出やすい食品なども教えてもらっていたので、夜中起こされて困ったころはそんな食品もとらなかったりしたこともあったのですが、どうも食品とは関係ないこともあるのではと少し感じました。

ストレス・・・です。

ある時目が覚めると、パウチがぺちゃんこで膨らんでいないときがありました。夜中に起きる癖がついてしまっていたのでそんなときも目が覚めてしまうのがなんだか悲しいのですが・・・(^.^)。

目が覚めて、ふとパウチを触って「おっ、すごい、パウチが膨らんでいない!このまま眠られる!」と思い、再び目を瞑って寝る体勢をもう一度整えながら寝始めると、パウチがどんどん勢いよく膨らみ始め、結局パンパンに張ってしまって起き出す・・・・・・ということも何度かありました。

パウチが膨らまずに目覚めたときは結構すっきりで、短いけれど質のいい睡眠がとれたのかな、と感じるものでした。

だから、きっとストレスを感じない中での睡眠をとられるようにすれば、夜中に起きる必要もないのかも・・・と最後の方で思いました。


結局は、最後まで夜中に起きる生活でリラックスした睡眠をとることはできなかったのですが、でも以前のブログに書いたようにゆるゆるジョギングで体力もついてきて、精神面でも自分の意識を体にもどすような働きかけをして体力面と精神面を鍛えていくうちに、夜中にパウチの中を空にするために起きることが苦痛に感じなくなりました。

・・・とはいえ、ストーマを閉鎖してしまうとガスはお尻から勝手に出てくれて、パウチで通行止めになることもないし、お通じは1日の回数は異常に多く、これはまた別の機会でブログが書けそうですが、このお通じも寝る前までに解決してしまうので、それで起こされることもなく、ほんとうに楽になりました。

P1010245_convert_20150929164445.jpg





関連記事

12大腸直腸癌 ストーマクローズ編(体・大腸ってすごいな)イギリスで癌の告知から復活までの日々


*発見・告知・手術前まではこちらを。
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら。
*術後1年2017年3月以降はこちら
*ストーマクローズ手術・術後編はこちら。

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。6月に入りこちらも新しい記事を更新中。

セラピールームのブログタグ
🌸初めまして
🌲稲垣メソードUK高速感情解放(エモーションフリー)&体験談
 9愛されると痛い目に合う
 8 特定の薬に対する思い込みとエモフリ(ストーマクローズ手術)体験談
🌷靈氣&体験談
 五戒
体験談:お年寄りにも優しいレイキ
体験談:術後すぐの活用
🌹前世・過去世療法(催眠療法)&体験談
パリに対する違和感がなくなりました。
認め、受け入れ、愛する
🌻子育て・教育
 海外に住みながら日頃の家庭での日本語指導
🍀スピ・セラピー一般
 自立と依存のカップルの結婚から見える一つの魂の目的
スピリチュアルの視点に触れてから
 

・・・他こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog

🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです。
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

生まれて初めて大腸を14か月も使わなかったので、ストーマクロースをした後に「大腸って大丈夫なの?」「きちんと働くの?」と疑問に思っていました。


手術を受ける前にもお医者さんに質問した時もあったのですが、実際のところはっきりはわからないということで、私もそうだろうな~となんだか納得してました。


つい、先のまだ起こっていないことに心配してしまう不安症気味なところがあると、このストーマ生活で気づいたところもあるので、手術前は心配することをやめようと決めて、自分の身体を信じようと思いました。

こうやって病気にはなって手術もしたりストーマ―生活を送ったりといろいろ出来事はあったのですが、それでも広い視点から見ると自分の運気は悪くないとずっと感じているので、きっと1年以上使っていなかった大腸だってきっと私にとってはいいタイミングで手術となって使い始めるんだろうなと思うようにして手術に臨みました。


術後入院中に食事が始まって、1年2か月ぶりに大腸を通ってお通じがやってきました。

一応ネットでも調べていたので、覚悟もしていたし少しは個人的にオムツも購入して持っていっていました。

やはり最初はトイレから離れることができないし、病室に戻ったと思ったらまたすぐトイレへ・・・となんだか歩く練習にもなりました(笑)

・・・と今なら笑って言えますが、いったんお通じの気配が来たらすぐに下ってくるので、いくらオムツはしているとはいえ、焦りました。

まぁ、途中から「仕方ない・」・・と思うようにもしましたが。


トイレは病室の外にあって、トイレの数も少なかったのですが、頻繁にトイレを使用した割には待つこともなく、これは助かりました。

DSC_0004_19_convert_20170611053057.jpg


看護師さんに余分にオムツもいただいて、初めてのお通じの時は1時間に7回も行ったりきたりで、お尻も痛くなってしまいました。久しぶり使う大腸なのでまだ慣れていなかったのと、1,2日お通じが来なかったからかもしれません。


お腹を消化されたものが移動していくときに、ちょうどストーマを造設していたあたりを通ると体に痛みが来るので、「あ、今小腸から大腸に移動していくのかな?」なんて痛みとともにお腹の中の動きも観察できました。
大腸のあたりも久しぶりなので、ずっと感じていなかったあたりにものが流れるというか動いていく感覚があって、不思議でした。


機能は低下しているなとは感じたのですが、1年以上使わなくても大腸は自分の臓器の働きをきちんと覚えていてお通じもやってくるので体ってすごいなと思いました。


きっと使っているうちにまたもとのように働きが戻ってくると思います。


関連記事

11 大腸直腸癌 ストーマクローズ編(動悸や息苦しさが消えた!?)イギリスで癌の告知から復活までの日々


*発見・告知・手術前まではこちらを
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら
*術後1年2017年3月以降はこちら
*ストーマクローズ手術・術後編はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。6月に入りこちらも新しい記事を更新中。

セラピールームのブログタグ

🌸初めまして
🌲稲垣メソードUK高速感情解放(エモーションフリー)&体験談
 9愛されると痛い目に合う
 8 特定の薬に対する思い込みとエモフリ(ストーマクローズ手術)体験談
🌷靈氣&体験談
体験談:お年寄りにも優しいレイキ
体験談:術後すぐの活用
🌹前世・過去世療法(催眠療法)&体験談
パリに対する違和感がなくなりました。
認め、受け入れ、愛する
🌻子育て・教育
 海外に住みながら日頃の家庭での日本語指導
🍀スピ・セラピー一般
 スピリチュアルの視点に触れてから
 

・・・他こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog

🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

最近になってふと気づきました。

突然たまに起こっていた動悸や息苦しさがいつの間にか治っている???のです。

2015年の冬に告知を受けた日以降、それまできちんと来ていた生理がピタリと止まりました。そして、癌の話題になったり、手術の話になったり、ネットで癌のことを調べたり・・・癌のことを考えると急に動悸が激しくなり、息苦しくなる状態がはじまりました。
それでも最初はその症状を「気のせいかな?」と、つい、「あれ?おかしい?苦しいよ」と感覚が最初に教えてくれるのに、頭で「私がそんなになるはずがない」、と打ち消してしまう自分がいて、癌が見つかる前も考えると同じパターンを持っていました。

いつも「あれ?」と目に留まったり、気になる症状や出来事があったのに、そのままスルーしていました。癌だとわかってから、「やっぱりあの時の状態はこういうことだったんんだ・・・」と後になっていくつも気づきました。

心と体が上手くつながていなかったんだと思います。

ですから、動悸や息苦しさを自分でやっぱりおかしいとはっきり確信したのもしばらく経ってからでした。

それでも、きっと手術が終わればよくなるだろう、みたいな気持ちでいたのでGPに相談することもなく、そのまま過ごしたのですが、1回目の手術後もよくなるどころか、今までは癌のことを考えると症状が出ていたのが、癌のことだけでなく、TVなどの内容によっても暴力的だったり、大きな音が出たり、けがをしたり、亡くなったり・・・なんだかドキッとするような場面をみると同じような症状が出てしまうようになってしまいました。

そして、更に、テレビを見なくても、同じような症状がでてきたり・・・。

そうなってやっと、素直な自分の気持ちを認め、受け入れました。
「本当は癌の告知を受けたことが精神的にかなりショックだったんだ…私・・・」と。

最初は、私のそういう姿を認めたくなかった自分がずっといたんです・・・。

そんな姿を見たくないから、逆にさらに頑張ってみたりして・・・

でも、これはいらない頑張りでした、余計な頑張りはお腹に力も入り、コチカチで負担もかかる・・・

お腹に問題が出たのもわかる気がします・

でも、近頃そんなパニック症状のような状態が出てきていないことに気づきました。

いつからだろう?

今年2017年に入っては確実に記憶にない。

感情解放やレイキセッション、GPの先生やカウンセラーの先生との会話などなど、いろんなおかげだろうと思います。

近頃は感謝することばかりです。


一筋の雲2
関連記事

10大腸直腸癌 ストーマクローズ編(傷口の自己管理)イギリスで癌の告知から復活までの日々


*発見・告知・手術前まではこちら。
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ。
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら。
*術後半年以降2016年9月~はこちら
*術後1年2017年3月以降はこちら
*ストーマクローズ手術・術後編はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。6月に入りこちらも新しい記事を更新中。

セラピールームのブログタグ
🌸初めまして

🌲稲垣メソードUK高速感情解放(エモーションフリー)&体験談
 9愛されると痛い目に合う
 8 特定の薬に対する思い込みとエモフリ(ストーマクローズ手術)体験談

🌷靈氣&体験談
体験談:お年寄りにも優しいレイキ
体験談:術後すぐの活用

🌹前世・過去世療法(催眠療法)&体験談
パリに対する違和感がなくなりました。
認め、受け入れ、愛する

🌻子育て・教育
 海外に住みながら日頃の家庭での日本語指導

🍀スピ・セラピー一般
 スピリチュアルの視点に触れてから


・・・他こちらもどうぞお越しください。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog

🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

術後38日で、シャワーか解禁となり傷口に入れるリボンも終了になった話を以前に書きましたが、
術後47日目で、傷口にかぶせていたドレッシングも外れました。そして、それ以降、自分で傷口の管理をするように言われました。

やることは2つ。
*傷口を洗浄するときは、カップか一人分のボールくらいの大きさにぬるま湯を入れて、そこへテーブルスプーン1杯の塩を入れ、その塩水を傷口にかるく流します。
*きれいに水分をふき取ったら、ワセリンを薄く塗る。

この二つ。

GP通いも1週間から10日に1度行くくらいの頻度となり、楽になりました。
そして術後53日目の、傷口をチェックしてくれた看護師さんから「パーフェクト」!との声が。

嬉しいです。

まだ、シャワーのみで、お風呂は解禁にならないのですが、この調子だと入浴できる日もそんなに先ではない気がします。

1336900297975.jpg





関連記事

9 大腸直腸癌 ストーマクローズ編(手術室=Theatre)イギリスで癌の告知から復活までの日々

*発見・告知・手術前まではこちらを
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください。
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら
*術後1年2017年3月以降はこちら
*ストーマクローズ手術・術後編はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。5月に入りこちらも新しい記事を更新中。


セラピールームのブログタグ
🌸初めまして
🌲稲垣メソードUK高速感情解放(エモーションフリー)&体験談
 8 特定の薬に対する思い込みとエモフリ(ストーマクローズ手術)体験談
 7 薬とエモフリ (ストーマクローズ手術)体験談
🌷靈氣&体験談
体験談:術後すぐの活用
頭がすっきりして、悩みの解決の糸口がみつかりました。
🌹前世・過去世療法(催眠療法)&体験談
 パリに対する違和感がなくなりました。
🌻子育て・教育
 海外に住みながら日頃の家庭での日本語指導
🍀スピ・セラピー一般
 

・・・他こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog

🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

今回も、1つ英語の話です。

病院英語には結構戸惑いますが、イギリスに住み始めたころまだ息子も3歳前後、よく熱も出しやはり子供のことになると、必死です。

GPに行けばどんな症状か伝えなければ先生にもわかってもらえないので、単語を調べては四苦八苦しながらも先生とやり取りをしていました。

それでも、今回みたいに検査に手術に・・といろいろあると、さらに知らない言葉のオンパレード。

そんな中、「へぇ~」っと思った言葉です。

先日、忘れ物を取りに行って、久しぶり「Theatre Admissions Unit」という言葉を見て、思い出しました。DSC_0003_convert_20170521060100.jpg



イギリスでは手術室のことを「Theatre」と言います。「Theatre」といえば、劇場という意味があります。

私も最初聞いたときには「えっ?劇場?」という意味しか浮かんでこなくて、特に電話で受けたので、病院からの電話というのはわかるんだけど・・・???でした。


なぜイギリスでは手術室のことを「Theatre」と言うのかというと、劇場って、たくさんの観衆がいて演技を見ていますよね。手術風景も同じように、患者の周りにお医者さん達がたくさんいて患者さんへの手術の様子や執刀医のやることを見ているところから、シアターの場面と似ているでしょ・・と現地のお友達が教えてくれました。

私の手術のときも、きっと執刀医を中心に若手の先生方もいたりしたんだろうな・・・と思います。




関連記事

8 大腸直腸癌 ストーマクローズ編(病院への忘れ物lost property)イギリスで癌の告知から復活までの日々

*発見・告知・手術前まではこちらを。
*手術~入院中はこちら。
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください。
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら
*術後1年2017年3月以降はこちら
*ストーマクローズ手術・術後編はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。5月に入りこちらも新しい記事をアップしました。

🌼稲垣メソードUK高速感情解放セラピー
8 特定の薬に対する思い込みとエモフリ(ストーマクローズ手術)体験談
7 薬とエモフリ (ストーマクローズ手術)体験談
6麻酔とエモフリ(ストーマクローズ手術)体験談
5 私たちを苦しめる思い込み、決めつけ、信念は身体から
4 癌と歩んだ稲垣メソードUK感情解放セラピー(エモーションフリー)

🌼前世・過去世療法(少しずつHPにもアップ中です。前世・過去世療法(少しずつHPにもアップ中です。・・・あとは現在見ている過去ブログにあります。
🌼靈氣(直傳・西洋・靈氣一般)・・・こちらも少しずつHPにアップ中。現在見ている過去ブログにもあります。
・・・他こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog

🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

病院へ、1か月ぶり以上に行ってきました。

目的は、忘れ物を取りにです(^^ゞ

4月10日の手術の日、術前チェックのためにカーテンで仕切られた部屋に入り、手術着に着替えるとチェックを受け、ベッドに横になったままいざ手術室へ…というときに、持ってきた荷物はパパさんに渡したのですが、靴の存在をすっかり忘れてしまい・・・・・・

病院側からも何も連絡はなく・・・

退院するときも、まだ置き忘れていることに私たち家族はまったく気づかず・・・。

しかも退院する日、着替えを持ってきてくれたパパさんたち、「あれ?靴は?」と尋ねると・・・まぁ男所帯なので仕方がありません・・・靴を持ってくるのを忘れたらしく・・・車いすに乗るからいいのですが、スリッパで退院しました(笑)

この時も、こっちにはいてきた靴はどうしたのかな?「私は全く覚えていないのだけれど・・・」、家族もどこかな??と言いながら、まだ置き忘れていることに気づきませんでした((´∀`*))

気づいたのは、退院後初めてGPに行く日、「あれ?家にない!!!」ということでわかったわけです。
その後病院へ連絡すると、やはりありました。
そのまま取っておいてもらうことにして、1か月以上、ようやく取りに行ってきました。

言った場所は、あの2回の手術のために朝早くから入った棟です。

あの時は、2回とも周囲がどうなっているかなんて考えもしなかったのですが、今回久しぶりに行ってあたりを見回すと初めて「駐車場はこうなっているんだ」とか、「他の棟とああいう風につながっているのか・・」なんてよくわかったり・・。ただ忘れ物を取りに行くだけだったので、気分も違いました。

それでも、忘れ物を取りに行った場所が、手術直前のチェックをした場所だったのがわかり、なんだか変な感覚というか、時間の感覚が変な感じというか、ストーマクローズの手術はまだ前月だったばかりなのに、前の手術同様とっても昔に感じる不思議な感覚でした。

タイトルにも書いた「lost property」ですが、こちらイギリスでは紛失物、落とし物の意味があります。何か起こるたびにこうやって日々の生活の中で少しずつ英単語を学んでいってます・・(笑)

DSC_0002_convert_20170519221213.jpg


関連記事

7 大腸直腸癌 ストーマクローズ編(傷口のリボン終了とシャワーの解禁)イギリスで癌の告知から復活までの日々



*発見・告知・手術前まではこちらを。
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら
*術後1年2017年3月以降はこちら
*ストーマクローズ手術・術後編はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。5月に入りこちらも新しい記事をアップしました。

稲垣メソードUK高速感情解放
8 特定の薬に対する思い込みとエモフリ(ストーマクローズ手術)体験談
7 薬とエモフリ (ストーマクローズ手術)体験談
6麻酔とエモフリ(ストーマクローズ手術)体験談
5 私たちを苦しめる思い込み、決めつけ、信念は身体から
4 癌と歩んだ稲垣メソードUK感情解放セラピー(エモーションフリー)
・・・他こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog

🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

今日もいつものようにGP通い。

そして一つまた前進しました!

傷口が小さくなってきたと前回言われていたのですが、今日傷口の深さも穴がだいぶ小さくなったので、傷口にいれていたリボン(今日の写真の袋の中にリボンが写っています。)を今日からやめて、ドレッシング(傷口を覆っているもの)だけにしましょうと言われました。

DSC_0004ribon_convert_20170518024308.jpg




そういわれてちょこっと起き上がって傷口をみると、「あーこんなに小さくなってる!!」と、久しぶりに傷を見て感動。穴が小さくなり深さが浅くなっていました。


術後38日目で、傷口を縫わなくてもこうやってきちんと小さくなってくるのですね。

傷口の穴が浅くなってきたので、これにリボンを切って入れておくと、今度は穴の中の新しい細胞がどんどん盛り上がって穴をでて身体の表面よりより盛り上がってしまうので、そうなるとまた盛り上がった部分を切る必要が出てくるので、それを避けるために、これからはドレッシングだけという事でした。

あんまりそこら辺の話の仕組みはよくわからなかったのですが、人間の身体の治癒力ってすごいです。

そこで、これからシャワーもできますよと言われました。そして、ドレッシングだけなので、自分で付け替えです。シャワーをしない日でも、ドレッシングを変えるのであれば、温かいお湯で傷口の周りをきれいに拭きとってから付け替えるだけで良いみたいで、病院やGPで使っていたような特別な液はいらないようです。

シャワーの時は、もし石鹸など使う場合は、ピュアソープを使うといいと聞きました。病院などでもそのような体や傷口に優しい石鹸(液)を使うようです。

だからか・・・と思ったのは、

私も1回目の術後まだドレーンをつけているときに、シャワーでも浴びますか?と聞かれ、そんな気力もないし、寒いし、こんな傷がたくさんある状態でシャワーなんて!!!・・・とにかく術後日がそんなに立たないのにシャワーが浴びられるんだとそれに驚きました。

・・・でも、それどころではなく浴びませんでしたが・・・

とはいっても、帝王切開で子供を生んだときは、何日目か覚えてはいないのですが、シャワーを浴びた記憶はあるのですが・・・。

もしかして日本だったら浴びてたのかな・・・?

きっと1回目の入院前に、現地のママともから術後もしかするとすぐにシャワーやお風呂を聞かれるかもしれないけれど、絶対病院ではよしなさいと強く勧められたのもあるかもしれません。その方が昔、そうやって拒否したけれど看護師さんからつよくすすめられたので入浴して院内感染してしまい、入院が長引いたというのです。この手の話はたまに、別からも聞いてはいたような気はするのですが・・・。

・・・おっと話がずれていきましたが・・・

GP通いも週2回程度に減っていくので、少し楽になります。

あー、早く湯船にもつかりたいです~。


関連記事

6 大腸直腸癌 ストーマクローズ編(モルヒネと幻覚、?)イギリスで癌の告知から復活までの日々



*発見・告知・手術前まではこちらを。
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら
*術後1年2017年3月以降はこちら。
*ストーマクローズ手術・術後編はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。5月に入りこちらも新しい記事をアップしました。

稲垣メソードUK高速感情解放
8 特定の薬に対する思い込みとエモフリ(ストーマクローズ手術)体験談
7 薬とエモフリ (ストーマクローズ手術)体験談
6麻酔とエモフリ(ストーマクローズ手術)体験談
5 私たちを苦しめる思い込み、決めつけ、信念は身体から
4 癌と歩んだ稲垣メソードUK感情解放セラピー(エモーションフリー)
・・・他こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog


🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

お医者さんからも話は聞いていないのではっきりしたことは言えないのですが、きっとモルヒネの影響なのかな?と自分で思う言です。

モルヒネと幻覚。

1回目の手術でも2回目の手術でも術後直後モルヒネはメイン。そしてその日は、目をつぶると映像が出てきました。


とくに1回目の術後初日の夜中、時折睡魔が襲ってくるのですが、目をつぶると目の前にパソコンの画面を見るようにはっきりと色付きで文字がたくさん並んでどんどんどんどん上から下に画面がスクロールされていきます。とても速い動きです。どんどん、どんどん動くので、吐き気もくるし、きつくなり目をあけると、あたりは真っ暗な天井が見えるだけ。

そして、また眠たくなて目をつぶると、映像が動き出す・・・きつかったです。

出てくる画面は、手術直前までブログの更新をしていた自分のブログの記事がどんどん出てきました。ピンクの今読んでいるブログの背景色も一緒に。

ゆっくり休みたいのに、脳だけが勝手に不規則に活発に動いている感じでした。

そんなこともあり、2回目の手術の前に、予測を立てていました。

もしかすると、モルヒネの幻覚って、過去の近い記憶がもとになることもあるかもしれないと。それで、入院前はブログもやめて、好きな花の写真や花を見るようにしました。

偶然かもしれませんが、ビンゴでした。

2回目の術後もやはり目をつぶると映像がタタタタタタ・・・・・とたくさん出てきました。でも、すべて花でした。前回の文字よりはましでした。でも、お花ではあるけれど、あまりこの脳の働きに自分で乗らないように、あまり深入りしないように、どんどん花の映像を見ることを自分でやめるように意識してみて、目をあけました。

ですから、今回はこの1回限りで終わらせました。きっと体に入っている薬の量も違うので、前回の様にはならなかったのかもしれません。


「モルヒネと幻覚」で調べると、ほとんどが癌の末期の方のせん妄の話が書かれていたことが目についたのですが、末期でなくてもわたしのようにモルヒネで幻覚が出ることはあるのではないかなと思います。
DSC_0021_4_convert_20170517051442.jpg


関連記事

5 大腸直腸癌 ストーマクローズ編(術後1か月目の春の公園)イギリスで癌の告知から復活までの日々


*発見・告知・手術前まではこちらを
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら。
*術後1年2017年3月以降はこちら
*ストーマクローズ手術・術後編はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。5月に入りこちらも新しい記事をアップしました。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog


稲垣メソードUK高速感情解放
7 薬とエモフリ (ストーマクローズ手術)体験談
6麻酔とエモフリ(ストーマクローズ手術)体験談
5 私たちを苦しめる思い込み、決めつけ、信念は身体から
4 癌と歩んだ稲垣メソードUK感情解放セラピー(エモーションフリー)
・・・他こちらもどうぞお越しくださいね。


🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

先月4月10日にストーマクローズ手術をしてから、1か月が過ぎました。

ちょうどこの日はよく晴れて、良い天気になりました。GPにも行ってきたのですが、傷口の治癒も順調で傷口に入れるリボンも以前よりも短くなってきましたよと教えてくれました。それに、なんだか治癒も早いわねと驚いたように言われ、ちょっとウキウキ(^.^)

いったいどれくらいの期間で傷口はふさがっていくのでしょうか?

今回は術後初めて家のすぐそばのいつもの公園のベンチに日向ぼっこに行ってみました。今なら、トイレの心配もなさそうだし、痛みもおさまっているし、行けそうな気がすると、太陽の光に誘われて行ってきました。

ゆっくり歩きながら・・・

前回の術後初めての散歩を思い出しました。あの時は、術後数メートル歩くのにも大変で、それが階段を降りることができるようにもなり、一歩一歩大地を踏みしめながら公園まで歩けることに感謝の思いしかありませんでした。

元気な時には、当たり前すぎて考えもしなかったことでしたが、生かされ、日々の日常の生活が送れることが一番ありがたいことなのかもしれません。

今回も回復を実感です。ありがたいです。

公園の木々にも春の息吹を感じます。

今日も皆さんにとっても良い一日でありますように!

park1_convert_20170512161513.jpg      park3_convert_20170512161804.jpg
park4_convert_20170512161855.jpg

park7_convert_20170512162135.jpg   park6_convert_20170512162038.jpg

関連記事

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。16歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

にほんブログ村参加中

病気ブログ がん

ブログ村