Entries

23大腸直腸癌 ストーマ・人工肛門編(赤ちゃんに接するように扱いなさい)イギリスで癌の告知から復活までの日々


最近のテーマは自分への癒しと休養。そして復活に向けて自分の身体との対話です。また、がん克服に向けての自分の記録と告知や手術・術後の生活を通して改めて思う事や感じることがありました。そのようなこともブログに来てくださる方の参考になればと思いシェアしたいと思います。

*発見・告知・手術前まではこちらを
*手術~入院中はこちら。
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog


🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼
 
入院中、ストーマケアナースの人からストーマの扱いについての説明を受けたときに言われた言葉が、「あなたには息子がいるでしょう。ストーマを扱うときは、その息子が赤ちゃんだったころを思い出して、その赤ちゃんに接していたように優しく丁寧に扱いなさい」というものでした。

私にとっては、とてもしっくりくる言葉でした。

私にとって、つわりもあったし、帝王切開で大変ではあったけれど、妊娠・出産・子育ては忙しく寝不足ながらも癒され楽しい思い出です。・・・いまでも子育て中ですが・・・。

出産直後、まだ小さくて柔らかい赤ちゃんをどうやって抱いて、どうやってお風呂に入れたらいいのかなど、接し方をいろいろ考えた気がします。(もう16,7年前なので、記憶も薄くなりかけていて・・・(笑))

ストーマも、簡単にいえばお腹の中にある腸が体の外に出てきてるもの。扱い方も、それなりに丁寧にしないと、簡単に傷ついてしまいます。

パウチを変えながら、赤ちゃんだった息子をお風呂に入れながらガーゼで鼻や口周り、目の周りを優しく拭いていた時を思い出し、この1年、なんだかたまーに感覚がタイムスリップしたみたいでした。

ちゃんと名前も「プニョちゃん」とつけて(笑) 

こんなことも、妊娠中に息子がお腹の中に入っているころにお腹の赤ちゃんに向かって名前を付けて呼んでいた以来です。あっ。もちろん、名前は違います(^^ゞ
ストーマのプニョちゃんは動く様子がプニョプニョしているから、「プニョちゃん」です。

先日、ヤフーのニュースで「アナウンサーの中井美穂さんのストーマ体験を公表した理由」という記事を読みました。ほかの方のブログでも同じようにストーマに名前を付けたり、また私は赤ちゃんと接するようにでしたが、中井さんのようにペットの世話をするように、など、みんなそうやって似たようなことを考えて自分のストーマと付き合っているんだなと思いました。

そして、このプニョちゃんとお付き合いするようになって、プニョちゃんとの会話が、自然と自分の体との会話になっていることにつながっていて、そこから気づくことも多いです。

2005ハローウィン




関連記事
スポンサーサイト

22大腸直腸癌 ストーマ・人工肛門編(体形と洋服/下着類)イギリスで癌の告知から復活までの日々


最近のテーマは自分への癒しと休養。そして復活に向けて自分の身体との対話です。また、がん克服に向けての自分の記録と告知や手術・術後の生活を通して改めて思う事や感じることがありました。そのようなこともブログに来てくださる方の参考になればと思いシェアしたいと思います。

*発見・告知・手術前まではこちらを。
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog


🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼
 
 昨年の癌摘出手術後の体形は、腹腔鏡下手術に、プラス、臨時ストーマも造設したことでお腹周りは驚くほど膨らんでいました。特に、ストーマを作った右側部分は、左側よりも以上に大きくなっていました。まるでおっぱいがもう一つあるみたい・・・。私は気のせいかな?なんだか体形が変??とおもってたのが、その当時お世話に来てくれた妹が、私のこのアンバランスな体系を見て、一瞬声をだして驚いていました。


ストーマ生活の間は、洋服関係は今までのようなものを身につけるのは難しいだろうと思い、昨年は手術前にいろいろ準備していまいた。そのときに、どんなものを用意していいか最初は見当もつかなかったので、いろんなサイトなどでもどこかに書いていないか探した記憶があります。

ですので、私の場合もなにかヒントになればと思い書いておきます。

 まず、下着類・・・お腹がかなり膨らんでいるので、ひとまわり大きいサイスを購入しました。その時、傷口にさわらないようなものをさがしました。ちょうど、手術の前にストーマの造設される位置も印がついていたので、目安になりましたが、ローライズや、ビキニタイプのものがよかったです。実際、パウチの粘着部分も重ならないので、良かったと思います。
 ただ、その時にはストーマの部分しか意識していなかったのですが、腹腔鏡手術で、いくつか傷があって、下の方の傷としては小さいですが、私の場合は右足の鼠蹊部すぐ上のあたりにも傷があったので、ゆったりめの、ももあたりも締め付けのない感じのものがいいと思いました。

寝間着は、妊婦の時に来ていたものを持っていたので、授乳用口の部分を縫い付けて、着るようにしました。妊婦用は腰回りも大きくできているので、術後のズボンにはちょうどよかったです。また上着も丈も長く作られてゆったりサイズなのでよかったです。

しばらくしてからは、フリースの男性用の大きいズボンも腰回りも楽で、部屋着で暖かく過ごせました。たまに、これは外出にも使えました。


 洋服はウエストで締めているようなタイプのものや、ベルトやフックなどで腰回りをとめるような今までのものは、着ることができませんでした。締め付けるものはやはりきつくて、パウチの位置も重なるし、お腹周りのゆったりした洋服を探しました。日本からも、妊婦服やゆったり服を送ってもらったり・・・。使い勝手がよかったのは、ワンピース型のものです。
 ストーマ生活にも慣れてきた半年以上もそれ以上経ったあたりで、ウエストラインがゴムでできているスカートをはいてみました。ちょっと前までは、それもきつい感じでしたが、いまではそれくらいのスカートならはけるようになったので、ちょっと洋服のバラエティもふえて嬉しかったです。
DSC_0017_convert_20170222055817.jpg

 タイツ、レギンス、ストッキング類・・時期的に冬だったので、特に出かける時はこれらは必需品でした。これは、いくらひとまわり大きいサイズを買ってはいても、お腹周りというか、ストーマを押し付けてしまい、一度出かけて途中で違和感が出ました。すこしストーマも無理に押してちょっとすれてしまいました。
そこで、思い切って、タイツもレギンスもストッキングもすべて、自分でストーマパウチの位置を調べて、はさみでその部分を切って穴をあけて使っています。最初は、このようなものを切って穴をあけるのに抵抗感があったのですが、思い切ってきってみてはいてみると、ストーマ部分を押さえつけることもなく、しかも、下半身は温かくなるのでとてもいいです。

 この臨時ストーマ生活になり、1年と半月、軽くジョギングもできるようになり、結構なんでもできるんだなと感じる日々です。(でも、腹筋はやはりお腹に力が入るので・・・できない・・・かな)

 でも、先日久しぶりにまじまじと自分のウエスト部分をみて、唖然としました。ストーマ生活とはいえ、かなりゆるゆるにこの部分を伸び伸びと生活させているので、ウエスト部分は無くなりかけていました・・・・
これだけは困りものです😢





関連記事

21 大腸直腸癌 ストーマ・人工肛門編(またまた、手術のキャンセル)イギリスで癌の告知から復活までの日々


最近のテーマは自分への癒しと休養。そして復活に向けて自分の身体との対話です。また、がん克服に向けての自分の記録と告知や手術・術後の生活を通して改めて思う事や感じることがありました。そのようなこともブログに来てくださる方の参考になればと思いシェアしたいと思います。

*発見・告知・手術前まではこちらを
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog


🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼
 
いったい、いったいどうなっているのかしら?

日本ではこんなことあるのかな?手術のキャンセルや変更。

最初1月16日から4日、次に、2月1日、そして1月19日、そして再び2月1日、そのあと3月1日、そしてこれも今日キャンセル。

こちらと連絡がつかなかった時は、お手紙ですでに変更した旨が書かれたものを受け取り、
メインの執刀医の具合が悪い時もあり、手術日なのに、理由はわからないけれどその日は私の手術をする手術チームがこの日は手術をしないとか・・・。

でも、今回は初めてかもしれない。

連絡をくれた方が、すごく優しい口調で、「ごめんなさいね」と言ってくれた。

初めてかも。

近頃思ったように、もう振り回されまいと思う気持ちもあり、こんな時は、自分からやることを決めてやろうとふと思った!

まずは、味噌つくりの予定を3月に入れて、また出来上がるのを楽しみに待とうと、さっきキャンセル電話もらったばかりだけど、次の行動について考える私です。

miso2.jpg




関連記事

20 大腸直腸癌 ストーマ・人工肛門編(術後1年、気力はつけるもの)イギリスで癌の告知から復活までの日々


最近のテーマは自分への癒しと休養。そして復活に向けて自分の身体との対話です。また、がん克服に向けての自分の記録と告知や手術・術後の生活を通して改めて思う事や感じることがありました。そのようなこともブログに来てくださる方の参考になればと思いシェアしたいと思います。

*発見・告知・手術前まではこちらを
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら

Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog


🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼
 
身体の調子がいいので、足りないものを買い足しに行こうと、今日はロンドン市内へ2つ用事を作っていってみました。

久しぶりセンターに行くと、ショーウィンドーに置かれているものもおしゃれで、住んでいる地元の周辺ばかり近頃うろうろしていたので、また違ってなんだか刺激を受けます(笑)

でも、残念ながら用事を済ませ市内の友人の家に行く頃には、もうへとへと・・・・。

ただお店に一軒よって、そのまま移動してお友達の家に行っただけなんだけれど・・・。

まだまだ、エネルギーのチャージは十分でないのを感じ、ちょっと落ち込む私です・・・。

もうちょっとましだと思ったんだけどな。

まぁ、家にいる時には、動いたあとは、休憩が必要と感じればすぐにゆっくりしていたのだけれど、今日は朝からいつもより長い時間行動していたからだな・・・きっと。



この一年の間に、ようやく気付いたこと。

体力って、よく「体力をつけよう」「体力をつけなさい」って言葉は小さいころから耳にしていたから、体力は運動などして身につけていくっていう感覚はありました。

でも、気力については、この術後の生活まであまりいしきしたことがありませんでした。

気力だけはもともとかなりあったせいか、気力がなくなるなんてことも考えもしないし、気力なんて人に備わっていて、気力が減ってもすぐに湧いてくるもの・・・って考えていました。

気力、気の力、気のパワー、気のエネルギー

でも、でも、違うんです。
何十年もためていた気力を使い果たしてしまったことを体験してしまった今、気も体に意識してためていく、体力と同じものなんだとわかったんです。そして、気力がたまることが、体力をつけることやメンタルが強くなっていくことともつながっている。

ずっとためることをせずに、あるものを使っていて生活が成り立っていたので、ここまで何も考えなかったわけです。

術後、自分の体と向き合ったとき、お腹の中がエネルギー的に空洞、すっからかんになっている感覚を味わいました。ほんとに何もなくなっている、力も湧いてこない感覚。

手術の前も、あれが気力がなかったサインなのかな、ということも今さらながら気づくところです。

そんなときは、動けないし、体の血流もあまり感じないので、体も冷たい感じです。



そこで少しずつ、お腹の中に、気をためていくことを始めました。気力のチャージです。今の私には、少したまっても、ちょっと行動するとすぐに使い果たしてしまい、気を体に貯めるのには、手こずっていますが、これもでも、この半年、数か月前よりは、すこしずつ変化していると思い、焦らずにやっていこうとは思っています。


チャージされていくと、体が温まり始め、体が温まりはじめるとある瞬間に、今からなら動けそうだという力が湧いてきます。体の痛みなども、軽いものなどは気のチャージをしていく間に、スゥ~っと取れてしまうこともよくあります。体の中が何かに満たされてくる感じで、体の中の空っぽ感が減ってくるんです。しっかり足が地に着く感覚というか・・・。そうなると、意識も記憶力もはっきりしてくるし、目の前がすっきりしてきます。

本来、気のチャージは立ってやった方が足の裏がぴったりと地についていいです。エネルギーがしっかり地から入ってきます。

ですが、どうしてもきつい時や疲れが合うときには、私は最初、横になって仰向けになった状態でまず、体に気を流します。そして、次に立って、最後はゆっくり座ってと、こんな感じです。慣れてくると、きっとどこでも、そんな状態でもできるようになるんだと思います。


今日も、お友達の家に行ったとき、ふらふらだったので、ソファーに横にならせてもらって、まず息を整えながらお腹や鼠蹊部や、胸腺、頭・・・など自己靈氣をしているかんじになりますが、最後はお腹に力が集まるように、流れていくようにしました。

そして、そこで少し楽になると、次に立った状態で似たような感じで、体の中に力がめぐるようにしてお腹に最後はエネルギーをため、そしてゆっくりソファーにすわりました。


こうやって意識して気力をつけていくと、体も動くようになるし気持ちもグンを元気になります。こうやって体力と同じように、気力も強くなっていくんでしょうね。

気力も体力と同じで、日頃から気の力をつけていくことが大切です。

2.jpg

関連記事

19大腸直腸癌 ストーマ・人工肛門編(術後1年、調子のよい月について考えてみたら・・・)イギリスで癌の告知から復活までの日々


最近のテーマは自分への癒しと休養。そして復活に向けて自分の身体との対話です。また、がん克服に向けての自分の記録と告知や手術・術後の生活を通して改めて思う事や感じることがありました。そのようなこともブログに来てくださる方の参考になればと思いシェアしたいと思います。

*発見・告知・手術前まではこちらを
*手術~入院中はこちら。
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら。

*術後半年以降2016年9月~はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog

🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼
 
昨年2016年2月6日に手術をしてから、1年が過ぎました。

昨年の術後から、徐々に体調が回復していましたが、途中、術後の日常生活の送り方もあったのか、体力が無くなったり、気力が低下したり、そんなことが体調にあらわれたり、そして調子が戻ったりとそんなことの繰り返しでした。

ですから気力も体力もアップ・ダウンがかなりありました。

今まで大きな手術もしたことがなかったので、そんな流れにもなれなかった私がいたのがわかります。

わかっていたら、もっと大きな気持ちで過ごせたかも・と思うのですが、こうやって人生いろんなことを学んでいくんですね(笑)



それでも、調子の良さがこの1年間に、今月を含めて2回ありました。

最初は昨年11月、2つ目はこの2月。



どうして調子がよかったのか考えてみました。

すると、早歩きのようなジョギングのようなゆるゆるジョギングですが、そのような運動を公園に行って割とやったことがよかった気がします。



11月については、そのまえ9月あたりから10月の終わりあたりまで、体を動かすようにしました。

9月はまだほんの少しだったのですが、さすがに夏からのうつっぽくカウンセリングを受けていた自分に、私自身もどうにかしたいと思いやったことの一つがこのゆるゆるジョギングでした。

ちょうど季節的にも公園での紅葉もきれいで、終わると、公園のベンチで休みながらきれいな風景をながめてみたり、ちょっと意識を体の各部に当ててみたり、グラウンディング瞑想みたいなことをして気持ちをリフレッシュ。

術前からかなり体力を取られていたので、術後の体力の低さからこうやってゆるゆるジョギングを始めるだけで、1日の疲れ方が変わりました。それに、手術前後は、食後の消化のエネルギーに自分の体力が負けていて、食事をとるともう休まないといけない感じになっていて、その時初めて消化にはエネルギーが使われているんだと体で感じましたが、ゆるゆるジョギングを始めると、体力がつくので、食後の体調の変化も緩やかになりました。、いろいろと日頃の生活がだいぶ楽になりました。そして、それと同時に、気持ちも変わってくるんです。

そうやって効果が目に見えるのは嬉しかったです。知り合いのお医者さんも、うつには走ることが良いと聞いていたのも、とても納得です。

やはり体と心はつながっています!


 
ただ、気をつけなければいけないなと思ったことがあります。

そのようなゆるゆるジョギングでも始める時期は、人それぞれ自分の体の状態と相談しながらが必要です。

術後、体の皮膚も傷口はまだしっかりとしていないので、あまり無理をすると困ったことにもなります。

私は、

術後2,3か月ごろだったか、回復に向けてやや気持ちの焦りもあったのか、公園にいって散歩ができるようになったころに、ほかの方のブログでストーマでもジョギングなどしている人の話も読んでいたので、「ストーマでも走れる」と元気をもらい、時期を考えずに、「まだジョギングはできそうにないけれど、早歩きなら・・」と体力をつける思いでいきなり一生懸命歩いたときがありました。

競歩みたいな感じです・・・(-_-;)

・・でも、術後あまりたっていない時期のこのような動きは注意しなければいけないんだと後で気づきました。

そのあと、ストーマのあたりがキューっとしみて痛くなりました。よくチェックしてみると、ストーマが出ている部分の周りの皮膚の一部が小さく縦に裂けていました!!!

ほんの数ミリ程度ですが、傷口は明らかに切れたというか裂けた感じ(*_*; 便と共に酵素液もその傷につくので、ヒリヒリしていたことがわかりました。

この傷が、またよくなっては、ただれ、良くなっては、ただれて・・と繰り返しで、毎日パウチを交換すると症状もよくなるので、なるだけきれいに保てるようにしました。


話はまたもとに戻りますが、
 
というわけで11月は「やったー。」と、調子づいていたのですが・・・・
その体力も1か月でチャージが切れたのか・・・・

次の月に息子から本格的にインフルエンザをもらって、病院に行くことも出来ずに自力でなおすことになり、体がすっきりするまで結局まるまる1か月かかり、12月もダウン。起き上がれず、1週間に4キロも一度に痩せてぐったりでしたが、長い時間をかけて病院に行かずに自力でなおせた、というか治ったことが、今までの記憶ではじめてだった気がして、「インフルエンザも病院に行かなくても直せる!」と、自信がついてなんだか妙にうれしくて、体ってすごいと思ってしまいました。

あっ、また話がずれていきそうです・・



この2月に元気になってきたのも、やはり1月の中下旬からまたふたたび運動をする機会を増やしたからだと思います。

ちかごろとっても寒い日が続くのですが、完全防備でやってます。

そんなきっかけも、年明け、ストーマクローズ手術予定の前日の午後に2回目のキャンセルの直後l、寒くなり太陽光も少なかったからか、気持ちが緩んだのか下がったのか、やや夏場のうつっぽさのサインが見え隠れし、そんな感じが1月は2回も波になってあらわれてしまいました。

もう、夏の思いを再び繰り返したくないと必死でこれを改善すべく、ゆるゆるジョギングだけでなく、なるだけ家にこもらずに外へ出るようにしてみたり、人に会うようにしてみたり、音楽を聞いたり、瞑想や、ゆっくりしてみたり、今までと違った感じの本を読もうとしてみたり・・・うつっぽい自分とはちがうもう一人の自分がどうにかしようと行動しようとしていた気がします。

まぁそれに太った体形がどうにかならないかな‥なんて思いもありますが、こちらはそう簡単ではなさそうです(笑)



今回はちょっと11月とは走り方は違うのですが、今の自分にあったやり方を探しながら運動しています。

たまに、走った日の夕方、私は自覚がないのですが、私の顔つきが疲れていることがあるようで、家族からは「手術前に倒れないように。無理しないように。」と言われているので、1週間に数回、予定があまり入らない日を見てやっています。


何事も体と相談しながらですね。

IMG_2486_convert_20170210201248.jpg

関連記事

16大腸直腸癌 術後半年2016年9月~(手作りジュース)イギリスで癌の告知から復活までの日々


最近のテーマは自分への癒しと休養。そして復活に向けて自分の身体との対話です。また、がん克服に向けての自分の記録と告知や手術・術後の生活を通して改めて思う事や感じることがありました。そのようなこともブログに来てくださる方の参考になればと思いシェアしたいと思います。

*発見・告知・手術前まではこちらを
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ。
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog


🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼



近頃、お友達がジューサーを買い替えたということで今まで彼女が使っていたジューサーを譲っていただきました。

初めて我が家で100%ジュース!とっても感動\(^_^)/

まだ作り始めて1週間ちょっとですが、毎日少しずつ中身を変えて家族みんなで飲んでます。

DSC_0025_2_convert_20170127071436.jpg



人参やリンゴ、生姜、オレンジ、レモン、ライム、パイナップル、バナナ、アボカド、セロリ、キュウリ、ケール、
ほうれんそう、梨、・・・いろいろ野菜や果物を適当に入れてみても、結構おいしいです。これから、まだほかに試していない野菜も飲んでみたいです。

ジュースなら、スムージーよりは野菜の気配が小さくなるので、子供にも気づかれずにいいですよ(笑)!

お友達の家でいただいた、「にんじん、リンゴ、生姜、レモン」のジュース、「オレンジ、ミント、生姜、カカオパウダー」、「キウイ、梨、アボカド、ビートルート」、「リンゴ、セロリ、フェネル、生姜、人参」・・・まだまだありますが、どれもおいしい組み合わせで驚きました。

便秘気味の家族もいるので、そんな時は蠕動運動が必要なのかスムージーの方があっているようで、水溶性植物繊維の野菜を考えながら、日によってジュースやスムージーと作ってます。


関連記事

18 大腸直腸癌 ストーマ・人工肛門編(霧のロンドン 窓辺の風景)イギリスで癌の告知から復活までの日々


最近のテーマは自分への癒しと休養。そして復活に向けて自分の身体との対話です。また、がん克服に向けての自分の記録と告知や手術・術後の生活を通して改めて思う事や感じることがありました。そのようなこともブログに来てくださる方の参考になればと思いシェアしたいと思います。

*発見・告知・手術前まではこちらを
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog


🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼
 
このところ、朝方カーテンを開けると道路も車も真っ白に凍っててかなり冷え込んでいます。

あまり寒くならないねーと話していたのに、急に冷えるようになりました。昨年よりも気温は低いかもしれません。

この数日、窓の向こうがあまりにも真っ白い感じだったので、雪?と思ってよく窓をのぞくと深い霧。

霧のロンドンです(笑)

今日の窓からの写真は、午前中に撮ったもの。今日一日太陽の日差しは見えませんでしたが、こんな風景も大好きです。

DSC_0032_2_convert_20170126015635.jpg



周囲が霧で覆われているぶん目線がいろんな所にいかずに、目の前のハートの形をした柳の枝がとてもよく見えて、それをじっとながめていると瞑想状態で頭のなかも空になって身体もリラックスして落ち着いてきます。(目の前に見えるハートの形の柳の枝も久しぶりじっくりと眺めた気がします。この柳をテーマにした以前のブログはこちらです。)

柳の木2013年
柳の木その2
柳の木その3 2014年


そして、お腹や肩に力が入ってコチカチになっている自分自身に気づいてふり返ると、体を緩めて緊張をとることが今まで下手だったなぁ・・と思うのです・・・。


ストーマ生活をしていても、それがわかりました。ストーマは腸なので、触ってみると日頃はぷよぷよ柔らかいです。それが、排便状態ではないときに、すごくカチカチになっていることがあり、そんなときは決まって体に力が入っていたんです。それで、あわててリラックスするべく深呼吸をしながら体の力を抜いていき・・・ということもこの1年の間に何度か体験しました。

やっと腸が体の外に出てそれに気付いたのですが、きっとお腹のなかでもこうやって腸が硬直していたんだろうなと思うと、これが何十年もつみ重なればやはり血流も悪くなるしいろんな問題が出てくるよなと感じました。

ですから、ふと気づいたときにはお腹あたりに無駄な力が入っていないか、座っているとき、立っているとき、歩いているときいろんな場面で意識を向けるようにしています。そして、「あ、また力が入っている」というときは、深呼吸をしてみたり、姿勢を整えてみたり、じっと立っているときには足の裏をぺったり床につけた立ち姿勢で膝を少し曲げ腰を落としてお腹が楽ななる体勢をとってお腹の力を緩ませたり、歩きながら気づいたら少し腰を落として背中をやや丸めるような感じでお腹の力が抜けるような感じをつかみながら歩いたり(きっと見た目は変化も・・・(笑))・・・と自分でやりやすい方法を探してリラックスさせるようにしています。

関連記事

15大腸直腸癌 術後半年2016年9月~(体の痛みとビタミンD)イギリスで癌の告知から復活までの日々


最近のテーマは自分への癒しと休養。そして復活に向けて自分の身体との対話です。また、がん克服に向けての自分の記録と告知や手術・術後の生活を通して改めて思う事や感じることがありました。そのようなこともブログに来てくださる方の参考になればと思いシェアしたいと思います。

*発見・告知・手術前まではこちらを
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog


🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼
一昨年、癌がわかる前、かなり体のいろんなところが痛くなっていました。

その痛みで夜も寝付けなかったり・・・。

右の足裏や下腹やへそまわり、尾てい骨や臀部、腰、それに方から首、顎関節・・・いちばん強く痛んだ場所は、腰骨から背骨をのぼり右肩へ行き肩から腕そして手にかけて。なんとも言えない体の中の方からの強烈な痛みでじっとしていてもきつくて息子にさすってもらっていました。

術後、そのひどかった痛みも治まっていました。



でも、この約1年間の間に数度、前ほどの痛みではないですが軽い痛みが同じ場所だったり違うところだったりと戻ってくることがあります。

そんな時は、あの当時を思い出してドキッとして、どうして体が痛くなるんだろう?と不安がよぎることもありました。
でも患部は完全に切り取っているし。



何度か繰り返し体験しながらGPでも相談するようになってから、これもストレスや体や体力がまだ完全に戻りきれていない中で動きすぎて自分自身の許容範囲を超えると体が「きつくなったよ」と教えてくれるサインなんだと思うようになりました。

そんな時は、ゆっくり横になると体が楽になります。



この冬、今までとは違った場所やほかにも鎖骨あたりや気管支あたりや今度は左側のほうが痛くなり、すこし鎖骨下にも腫れも見られるようになったので、またまたGPへ相談に。

関節などの痛みもあったりしたので何か他の病気などになってないか心配だったのですが、先生からはリュウマチなどなら、手の浮腫から始まるから私は見た目それはないような感じだから、手の浮腫が見られ始めたら調べましょうということでした。そして、体力が落ちてるから、ビタミンDが不足しているのも痛みにつながっているかもしれないからサプリをとってみるといいともアドバイスをもらいました。


いままでビタミン剤もいろんなビタミンが含まれたものをとっていたので、その中にDもあったので摂取していたのですが、お医者さんから私に示された摂取量は冬の今の時期1日800unitsで今までの摂取量とは全く桁が違っていました。


お医者さんから、ビタミンDはビタミンの中で唯一体内で作ることができるのですが、そのためには日光浴が必要、ということで
冬の間、日が照っていれば11AM-2PMまで毎日日光に当たるようにしたらいいとも教えてくれたのですが、どうしても曇りがちなロンドン。

それに近頃は毎日とても寒い日が続いているので、外出するときもブーツに手袋、マフラー、帽子をしっかり身につけ、おまけにUVのお化粧品など塗っていると、日光を肌で感じる部分もないわけで・・・(笑)

また、今の体力で食品からだけというのも難しく・・・

ということで、しばらくサプリに頼ってみようということになりました。


800IUと言われたのですが、その量は見当たらなかったので、とりあえずビタミンD3の600IU(15 µg)を購入。
今回購入したのはSOLGAR のビタミンD3。


このビタミンは脂質に溶けやすい脂溶性ビタミンらしく、脂分が多い食材ととると吸収率が高まるという事です。ですから、最もしっかり食べる食事の時の摂取がいいということで夕食時などの食事中や食後すぐもいいみたいです。


しばらくはこのサプリを毎日ではないですが、摂取しています。

DSC_0023_convert_20170120024904.jpg

関連記事

17 大腸直腸癌 ストーマ・人工肛門編(予測しない出来事も意味がある)イギリスで癌の告知から復活までの日々


最近のテーマは自分への癒しと休養。そして復活に向けて自分の身体との対話です。また、がん克服に向けての自分の記録と告知や手術・術後の生活を通して改めて思う事や感じることがありました。そのようなこともブログに来てくださる方の参考になればと思いシェアしたいと思います。

*発見・告知・手術前まではこちらを。
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog



🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀
Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼


だいぶいつもの自分に戻ってきた気がします。


12月から、次の手術日の件で、こんなに日にちが変更になることにようやく慣れてきて、これからどんな風に対応していけばいいのか、少し勉強になりました。

昨日も病院側と話をしたときのこと。

向こうがどんどん変更してきたので、こちらは今回の1度だけ、直前の日程は難しいから日にちを変えてほしいと伝えただけなのに、毎回担当の人が違うので、「なせ、こんなに日にちを変更しているのか?」と逆に言われ、電話を切ってから、今まですべて私からでなく病院側が変更を知らせてきたともっと英語で言えばよかった・・・とあとで思ったり。

こんなとき、すぐにはさっと会話が英語で出てこないものです。

次回言われたら、頑張って言い返してみようかな(笑)

でも、今回、病院からの変更連絡にそのまま合わせるだけでなく、こちらも都合が悪い時にははっきり訴えたり動かさないでほしいと強く訴えてもいいのではと感じたので、これからは気持ちはもう振り回されずに済む気がします。

診察の予約も以前しばらくこなかったときも、こちらの国では何度も電話をしてプッシュしないとだめよ!と現地のママたちが口をそろえてアドバイスをくれていたので、きっとこの件も同じか~と思いました。

中には、私が電話してあげるわよ!・・・といってくれる人もいて(笑)

そのほかにも気づいたこと。

以前の話ですが、予測しない時期に予測しない出来事で人に振り回されたことを思い出しました。運気は悪くないのに、そんなことが起こる。

そのとき、今までできていたパターンはもうできるのできっと次の人生の勉強として、新たな出来事を通して新たなことを私に教えてくれたんだなと気づいたことがありました。

今回は、前回とは事象は違いますが、なんだか似ているなと思い、そんな時、嫌だな、大変だなとは思いつつもきちんと向かって避けずにそのことをこなしていくことが大事だという事も思い出したんです。

以前もそれが解決した時には予想もしない嬉しく幸せな気づきもたくさんありました。

今回も、もちろん考えたらいろいろと頭が痛くなることもあるのですが、その感情はあたりまえなので、そこにとどまらずに次のステップに移る準備と思って、ウキウキ(ウキくらいかな)しながら対応していくことが必要だなと思いました。


それに、こうやって昨年終わりから今まで、変更になり時間があくたびに、しばらく会っていなかった人から偶然連絡が入ったり、会ったり、新しい人とのつながりができたり・・・とこれもいったいどうなているんだろう?と思うくらい人との出会いも多いです。

とにかく
世の中に出たら、予想のつかない出来事の方がたくさんですよね。時にはへこむこともあるかもしれませんが、なるだけ振り回されないように、上手く流れているのを信じて一歩ずつたくましくなっていこうと思います。

下の写真は、この夏のパパさん&息子のノルウェー写真から一枚。フィヨルドを上から眺めて。眺めの良い風景を見ていると気持ちいいです。

P1010392_convert_20170114202752.jpg

関連記事

16大腸直腸癌 ストーマ・人工肛門編(手術日迷走、気持ち切り替え中)イギリスで癌の告知から復活までの日々


最近のテーマは自分への癒しと休養。そして復活に向けて自分の身体との対話です。また、がん克服に向けての自分の記録と告知や手術・術後の生活を通して改めて思う事や感じることがありました。そのようなこともブログに来てくださる方の参考になればと思いシェアしたいと思います。

*発見・告知・手術前まではこちらを
*手術~入院中はこちら
*退院後はこちらへ
*ストーマ生活はこちらをクリックしてください
*グルテンフリーはこちら
*術後半年以降2016年9月~はこちら

*Miwakoのセラピールームでのブログも始めました。こちらにはセラピー関係を載せています。こちらもどうぞお越しくださいね。
http://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog


🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀
Miwakoのセラピールームのホームページはhttp://miwakotgw.wix.com/londonharunokoです
🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼🌼 🌼🌼

1月16日から変更になった4日の手術日がキャンセルになったのも含めて、短期間に3回も手術日が変更になり・・・・いまだ迷走中。予定が立っていません。

1が月先の予定をもらったと思ったら、次には数日後・・・と、気持ちは振り回されまいと思っていたのですが、なんだか最近、モヤモヤ感がありました。

それに、依然の術後のうつのような感覚も少しあったので、もしかして戻ってきたのかしら・・・とドキッとしたりして。


昨日、お友達にセッションをしてもらって体をリラックスさせてもらったあと、1日ゆっくり休んだら、自分の気持ちに気づいた感じです。

やっぱり気持ちは疲れてました。



手術は前回よりは大変ではないですよときいているので、前よりはドキドキ感は少ないものの、それでも手術前の心の準備は私には必要で、何度も変更が続くと、心の準備のスイッチオン、オフが頻繁になり、身体も緊張・弛緩を繰り返すので、疲れたみたいです。


それに、次の手術日のことが気になりながらの生活だったので、自分の予定も立てにくく、そのほかにも入院期間が短いぶん、退院後のケアをする人がいることが条件なので、仕事が忙しい会社勤めのパパさんにとってはお休みをもらうタイミングもあるだろうし、病院からの変更連絡が来るたびに、パパさんにも迷惑をかけてしまう・・・。


でも、今日、そんな宙ぶらりんな気持ちも切り替えられそうだなとようやく思えるようになりました。

DSC_0055_convert_20160317061349.jpg


関連記事

左サイドメニュー

プロフィール

londonharunoko

Author:londonharunoko
FC2ブログへようこそ!
ロンドン在住。夫婦ともども九州出身。16歳の息子1人。いつの頃からか、自分の周りにあるパズルのピースを1枚1枚組み合わせていったらつながり始め、今現在の人生にたどり着いていました。いまだに、ピーズを組み立て中です。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事

カテゴリ

ようこそ

にほんブログ村参加中

病気ブログ がん

ブログ村